大人

熱燗はじめました。
呑兵衛スタッフを呼び出し選んだお店は“燗の美穂”。
大阪らしい、素晴らしいネーミング。

店員のお姉さまが、美味しいアテに合わせて日本酒を選んで出してくれる。
熱燗が苦手だということを伝え、今日で好きになって帰りたいことを宣言してみた。

熱燗に慣れない小僧のために、徐々に温度を上げ、味わいを変えて日本酒を楽しませてくれた。

日向燗ー30度
人肌燗ー35度
ぬる燗ー40度
上燗 ー45度
熱燗 ー50度
飛びきり燗ー55度

温度が上がればあがるほど、熱燗独特の苦手な香りが上がり“キツい”味になるのだと思いきや、
なんやこれ。旨いやないかい。
上燗も熱燗も日本酒がまろやかになり、ほのかに甘く飴のような味を感じるのである。

いつもキンキンの冷酒で頂く“風の森”は飛びきり燗で頂いた。
おもしろいやないかい。

また1つ大人の階段を登ったのであった。

年末まであっという間。
お正月は熱燗でちびちびやりたいと思う。

眼鏡

あんなに痛かった膝の痛みがなくなった。
月曜日は階段を降りるのにひと苦労だったのに。
見事な鍼マジック。
これだから鍼はやめられない。

想定外の代償が起きた。
目が痛くてコンタクトレンズを入れられないのである。

みらいずは今年も「緑」チーム。
昨年は秘密戦隊ゴレンジャーのミドレンジャーのコスプレ。
今年はみらいず秋の文化祭でのスタッフ投票を経て、正義のヒーロー“デビルマン”の格好に決定。

夜な夜な衣装を作成してくれたスタッフたちに感謝。
お気に入りの衣装に腕を通して大阪マラソンを盛り上げた。

当日は最高のお天気。
デビルマンを顔を模った帽子から、汗が滴る程の天候。

そう。
6時間も日差しの中を“走って”いたため目を痛めてしまったのである。
コンタクトレンズが入らない。
昨日から眼鏡っ子。

寝る前に少しだけかける眼鏡しか持っていないため、普段使い出来るおしゃれ眼鏡を購入。
最近の眼鏡もリーズナブルになった。
レンズ代金の“ぼったくり”がなくなり、安心して購入が出来る。

少しの間お目めもお休みさせたいと思う。

ケア

マラソン終了後、スタッフとは合流をせず、大急ぎで電車に乗り込み帰宅。
ゴールで応援をしてくれていた妻と息子も、家にはまだ戻って来ていない。

シャワーを浴びて体中に吹いた塩を流し、急いでオフィスの入る駅前ビルへ。
いきつけの“てもみん”は予約が取れず、片っ端からすぐに施術を行ってくれるマッサージ店を探した。

今までは特には気にをしていなかったが、探してみるとやたらとマッサージ店が入るビルである。
駅前ビルを勝手に立ち飲みビルと呼んでいたが、マッサージビルと呼んでも過言ではないほど。

そんなこんなでマラソンの後のクールダウンを行なってもらった。
このマッサージをやるかやらないかでは体の疲れの抜け方が大きく変わってくるのである。昨年のマラソン後に気付いたこと。

翌日の月曜日は朝から予約をしておいた鍼治療。
更に筋肉痛を軽減するためにもアミノ酸を過剰に摂取。完璧なアフターケアに自画自賛。

まあでも、若けりゃあこんな事をしなくたってすぐに回復するんだろうけどね。
老体に鞭を打つということは大変なことなんです。

同じアホなら踊らにゃ損損の精神で、来年こそは走ってみませんか。
42.195Kmというピリオドの向こうを是非ともご一緒に。

大阪マラソン

応援ありがとうございました。
今年はランニングマシーンで傾斜をかけ膝トレーニング。
体重はそこまで下げずに体調を重視。
ラスト1週間は、“てもみん”で体を揉みほぐしてもらい準備万端。

昨年は10Km地点で膝に激痛。
今年はトレーニングの成果か、膝の痛みが起こらない。
体に疲労感もなく、今年は“イケる”と踏んだのであった。
目指すは4時間59分59秒。

20Kmまでは絶好調。
膝に痛みが出始めたスタッフを鼓舞する側に。
しかし好調はそこまで。
膝に激痛は走らないが脚全体に疲労感。
30Km地点で痺れはじめ足が棒のように。

そのあとは絶望感との闘い。
伴走してくれる応援団長のスタッフに無理を言い、何度もコースを逸れストレッチの繰り返し。坂道は無理をせず大股で早歩き。

何度も心は折れそうになるが、伴走してくれているスタッフと、“みらいず2”と書かれたのぼりを持って沿道から応援をしてくれている利用者やスタッフたちのおかげで、なんとか完走することが出来た。

残念ながらタイムは伸び悩み5時間47分。
うーん。
後半の失速感が否めない。
自分なりには努力をしたが、まだまだ足りないのかな。
来年も走ろうかなあ。

とにもかくにも、みなさま応援ありがとうございました。

チャリティーランナーのみなさま、ご参加ありがとうございました。
これからも変わらぬ応援をよろしくお願い致します。

ゼッケン

フォーラムの登壇時間が変更となり、フライト時間も変更。
急遽、午前中に南港インテックス大阪へ向かい、大阪マラソンのゼッケンを受け取ることに。

開場は午前11時。30分前に到着。行列に並んでいるうちに、あれよあれよとオープニングセレモニーに立ち会う事に。
そんなことよりはゼッケン。
オープニングセレモニー終了後、急いで受付を済ませてゼッケンをゲット。

チャリティー先団体に挨拶をして、みらいずブースを担当しているスタッフにゼッケンを預け、アプリで手配したタクシーに乗り込み伊丹空港へ。
無駄のない完璧な動き。

でも少しだけ不安になり、ゼッケンを受け取ったあと、スポンサー企業のブースでスポーツようかんのあずき味とチョコレート味を2箱購入。

これを疲労困ぱいしてきた25Km地点で口に入れ込むと。
脳が痺れるぐらいに甘さを感じ、栄養補給にはもってこいのアイテム。

そんなこんなで今日も東京。
フォーラムが終わり次第、急いで大阪に戻る予定。

全国津々浦々のカワウチBlogファンの皆みなさま。
私目のゼッケン番号は「F2062」で紫組です。ランナーズ・アイでお楽しみ下さい。
Blogの再開は月曜日の朝。
走るすべての人へ、ぐっどらっく。

炭水化物祭り

低糖質生活も無事に終わり高糖質生活に突入。
たった3日間しかないのだが、なんて幸せな日々なのであろうか。
何も気にせずに好きなもの食べることが出来るだなんて、この上なく幸せ。

朝からは、玄米の変わりに食べていた豆腐をやめ、久方ぶりに白米を摂取。
なんて食べやすいのでしょうか。
納豆と生卵をぶっかけて、かき込んだ。

事務所に誰もいなかったため、お楽しみのランチはひとりぼっち。
たーちゃん最後の晩餐めしにノミネートされている天下一品のラーメンを選択。

いろんなお店にひとりで入ることが出来ないが、“天一”は別もん。
一滴のスープも残さず完食。

夜はedgeのメンタリングで遅くなったので、百貨店で購入しておいた蕎麦を自宅で調理。
たんぱく質の生卵を落としてかき込んだのであった。

今日と明日は東京のフォーラムに参加。
大阪マラソンのゼッケンを受け取ることが出来るかどうかが不安である。

じき

言い訳がしたくなる“時期”でして。
大阪マラソン本番3日前。

膝が痛む。
膝トレーニングの結果なのか。
不安になり鍼治療。

偉大なる鍼の先生
「河内さん。シューズを踵に合わせて、きちんと履いていないでしょ。」
鍼の痛みに耐えるたーちゃん
「え!ど、どうして分かったのですか!」

図星とはこういった時の事を言うのだと。

大阪マラソンの参加も4年目となり、気の緩み方が半端ない。
1年目の時から比べると練習量は激減。半分にも満たない。
挙げ句の果てシューズも適当に履いている始末。

踵に合わせて履かないと、シューズの中で足が動いてしまい、膝などを痛めやすくなってしまうのだとか。
がーん。

仙台で行って以来、妙にハマっている“てもみん”。
腰の張りもあり、全身マッサージを受けた。
腰も、ふくらはぎも、太もも、お尻も、触られるところ全てが痛い。
満身創痍。

言い訳をしても何かが変わるわけではないことぐらいはわかっている。
自暴自棄なんです。

ちなみに以前、自暴自棄の“自棄”を“時期”だと勘違いをしており、スタッフから指摘を受けたことがある。
ああ残念である。

ウォッシャブル

断捨離魂に火が付いた。

夏服を精査して直し込み、冬服を吟味。
昨年に着ることのなかった冬服、黄ばんだカッターシャツなどは感謝をして“ポイ”。

ジャケットなどのセットアップはウォッシャブル対応になり、家庭でも洗濯が出来るようになった。お値段もお手頃に。
カッターシャツもイージーアイロンや、形状記憶シャツが主流となり、クリーニングに出す必要もなくなった。こちらもお値段がお手頃に。

そう、ジャケットもカッターシャツも今や消耗品となりつつあるのである。

家庭用の洗濯機で“ガシガシ”と洗うため、衣類の消耗も激しくなったような気がする。
それとも、伸縮性や速乾性の生地がもともと弱いせいなのか。
どちらにせよ生地の消耗が激しいため、一張羅を大切にケアして何年間も着込み味をだすといったような、ひと昔前の感覚は薄れた様に思う。

リーズナブルになったからといって、あれもこれもと枚数を持たず、数着を何度も着込むといったような感覚が今風かと。
そんなこんなで、冬用のセットアップは3着までに絞った。
これで講演も会議もプライベートもこなしていく。

同じ服ばかり着ているように見えてしまうが、ちゃんと洗濯はしているので。
不潔なおっさんと思わないでね。

保冷リュック

日本酒会を開催する時など、お気に入りの四合瓶を持って移動することが多くなった。3〜4本あると、重くてかなり大変。

どうしてもキンキンの日本酒を持ち込みたいため、ソフト系のスーツケースに保冷剤を入れて移動。まあまあ大掛かりでたいそうに見える。

保冷バックのリュックサック型をネットで探してみた。あるもんなんだな。
“AO Coolers”というブランド。

内部の断熱材には1.9cmもの厚みがある高密度の独立気泡フォームを使用することで、驚異の保冷力を発揮。サイズによっては氷なら外気温49°Cの中で約24時間維持出来る性能を誇っている。のだとか。

即購入。

このリュックサック1つでUber Eatsのようにスマートに移動が出来るようになった。
キンキンの日本酒を持って何処までも行きたいと思う。

ロカボ

息子の誕生日会を行うため長野県飯田市へ。
お食い初めでもお世話になった、食べログ4.39の長野県第2位のお店。

今回もジビエコースを堪能。
あまりのジビエ好きに、とうとう店主に名前を覚えてもらうことが出来た。光栄。
仔鹿、仔猪、仔鴨、メインディッシュは熊のすき焼き。

今回のインパクト大のお料理は仔鹿のセルヴェル。脳みそのお料理。お魚の白子のようなお味。
ご馳走さまでした。

皆さま。息子を御祝い頂きありがとうございました。

そんな美味しいお料理を目の前にしてもノンアルコール生活は続行。
大阪マラソンまで1週間を切った。

今日から4日間はローカーボ生活。
詳しくはわからないが、4日間ほど低糖質生活を行い、マラソンの3日前に高糖質生活に変えることによって、長距離に必要なグリコーゲンを体に最大限蓄えるという方法。

なっちゃってランナーに、そんなことは必要ないのかもしれないが、なんでも形から入らないとね。
側から見て意味がなくても、自分を納得させるために足掻くことは必要だから。

よく食べて、よく寝て、よく仕事しろ。
体調を整えて当日の朝を元気よく迎えましょう。
それでは。