生還

絶望の淵に立たされた。

東京でお仕事。食事会もありしこたま飲んだ。
帰りは飛行機。副代表と一緒。
二日酔いも酷くフラフラ。
空港で遅めの朝食を取り、上空でのんびりとBlogでも書こうと計画。

飛行機に乗り込む前にアナウンスが流れていた。伊丹空港周辺の風が強く、着陸が難しい場合には羽田空港に引き返す可能性があると。空港アナウンスあるあるだと思い聞き流した。

上空でスマートフォンを出しBlogを書き始めようとするが、思っている以上に飛行機の揺れが激しい。
とうとう気分が悪くなりはじめた。
フライト時間もあと30分ぐらいだと思い、とりあえず携帯の画面を見ることを辞め、その場をしのいだ。

しかし、どんどん飛行機の揺れが激しくなり、吐き気を催した。
隣で寝ている副代表に悟られまいと、頭をヘッドレストに押し付け、揺れからなんとか耐え続けた。

窓からようやく伊丹空港の滑走路が見え始めた。
吐くこともなく無事に着陸できることに少し安堵。
着陸体制に入ると揺れは更に激しくなり、限界が近づく。
額から冷や汗が流れ落ちているが、汗を拭う気力も体力もない。
手も痺れはじめ、力が入らない。
目を閉じると気絶するような感じになる。

頼むから早く着陸してくれと願った瞬間、飛行機はスピードを上げまさかの上昇。
まさに絶望。
絶望という言葉しか見当たらない。
人生ではじめて経験する絶望感。

飛行機は20分以上、伊丹空港周辺を旋回しながら、着陸のタイミングを図っている。
さすがの副代表も前の椅子にもたれ掛かり、自分なりの体勢を保持している模様。
もちろん声をかけることすら出来ない。
まわりの人々もエチケット袋を抱え始めた。
もはや地獄絵図。

そこからの記憶はあいまい。
着陸したあとも、全身に力が入らない。二足歩行もままならないほど。
どうやら副代表もきつかったらしく、2人で空港の椅子にへたり込み、お互いの絶望感を共有。

1時間以上の遅れが出ており、次の予定に間に合わないため、スタッフにLINEを送ろうとするが、手の震えでスマートフォンの操作が出来ない。
少しの揺れにすら耐えることが出来なくなっており、帰りのリムジンバスに乗り込むことが出来ない。揺れの少ない電車を乗り継いでなんとか梅田に到着。

お昼ごはんも諦め、副代表とオロナミンCで乾杯。
絶望の淵からの生還。
隣でオロナミンCを一気飲みしている副代表が戦友に思えてならなかった。

修行とは厳しいものである。

ミーハー

愛知からのお客さんをご案内。
カーシェアの車で彼方此方の事業所を案内。

西成からの尼崎。まあまあ遠いな。
普段、電車しか乗らないため交通渋滞のストレスが半端ない。

夜のお食事会は駅前ビルの串カツ屋。
会の途中で紹介したい人がいると告げられ、サプライズでゲストが登場。
元サッカー選手。

我々の世代にはたまらない選手。
しっかりとサインまで頂いた。
いくつになっても人はミーハーである。

今日は東京に向かう。
副代表と新幹線で弁当をつつきながらBlog。
それではよい週末をお過ごし下さいませ。

水曜日は非常勤講師な日。
スピーカーとしてあらゆる事業部からスタッフが授業に参戦。
終了後は感謝を込めてお食事会。
数少ないスタッフとのコミュニケーションの場。

スタッフの食べたいものを聞いて、お気に入りの食べログアプリで検索。
趣味の欄に書けるぐらいの趣味になってきた。

以前のBlogでこう書いた。
代表に食べたいものを伝える時には、
“スモークされたベーコン入りで、ポテトが極限までマッシュされたポテトサラダ”ぐらいまで絞りオーダーするようにと。

今回のスピーカースタッフからのお題は「鱧」。
まあまあハードル高いな。

関西では夏の風物詩で、京都の川床で食べる高級食材なイメージ。
我々庶民は居酒屋で鱧の湯引きを梅肉で食べる程度。

検索してみた。あるもんだ鱧料理専門店が。
奮発していってきた。
鱧のおとし、薄造り、骨切り造り、焼き霜、
鱧しゃぶ鍋etc。
鍋では鱧の肝や浮き袋まで頂いた。

一生分の鱧のうんちくを聞きながら鱧料理を堪能。
わるくないもんだ。

次はどんなオーダーがくるのか。
アナゴでもウツボでもハブでもなんでもこい。

愛車

疲れが溜まると腰が痛くなり、腰痛が酷くなると最後は首が回らなくなる。いつもの負のスパイラル。

行きつけの鍼治療。
よくある何箇所も打つ置き鍼ではなく、細い鍼を数箇所だけに“ぐりぐり”と刺し込む一本鍼。
効果てきめん。鍼信者である。

昨年、愛用していた“愛車”が潰れた。
なんやかんやと乗りこなしていただけにショック。
新たな愛車を探そうと電動アシスト自転車などを見てみたがイマイチ。
“愛車”タイプがお気に入り。

ネットで今より更にコンパクトになった“愛車”を見つけた。
日本では販売されておらず海外からお取り寄せ。
先日ようやく到着。
ワクワクしながら段ボールを開けると、
がーん。

充電しなければならないのだが、海外と日本では電圧が違うとのこと。
変圧器を購入しなければならないことに。
愛車にまたがるのはまだまだ先のようである。

使い捨て

よく使いよく無くしていた3色ボールペンを、ネーム入り高級3色ボールペンに替えて以来、ボールペンを失くさなくなった。
もう3年以上経つ。

よく使いよく無くしていたビニール袋を、アーバンリサーチと阪神タイガースがコラボしたビニール傘に替えて以来、ビニール傘を無くさなくなった。
もう1年以上経つ。

妻にもビニール傘をプレゼント。
上皇后美智子さまが園遊会の時にお持ちになっていたビニール傘。ホワイトローズという会社の“縁結”というモデル。気品あふれる逸品。

3色ボールペンやビニール傘に価値を感じない人。物を大切にするという価値観に切り替えてみてはどうでしょうか。
まあ、物を大切にするというよりは、いいものを買ったから絶対に無くしたくない、というプレッシャーが半端ないだけなのだが。

沖縄

西宮の代表と沖縄JAL修行を決行。
合わせてファミリー&スタッフファミリーを引きつれ、みらいず沖縄メンバーファミリーとも合流。
浜比嘉島のコンドミニアムをレンタル。

2日目。
早朝5時に起き、大所帯を置き去り、
ひとりレンタカーで那覇空港に舞い戻った。
那覇ー久米島間を2往復。

8時25分フライトで9時久米島到着。
次のフライトは11時30分。2時間半の猶予があったため、久米島在住のみらいずメンバーに案内してもらい、弾丸観光。

搾りたてパインジュースを片手に、展望台から、はての浜や、行ってみたい島No. 1の“オーハ島”を眺めた。
お土産にと久米島特産品の味噌クッキーを持たせてもらった。

アテンドありがとう。
今度は養殖の車えびをアテに久米仙でも飲みに、ゆっくり遊びに行こうかな。

最終日は、これまたみらいずを陰で支えてくれている沖縄メンバーと合流。
その子どもと一緒に、タコライスをかき込みながら、ゆったりとした時間を過ごした。

それにしても沖縄は暑かった。
梅雨のシーズンでむっしむし。
次は久しぶりに、生姜たっぷりで山羊刺しが食べたいな。

粉もん

もんじゃ焼きもうまいな。
そりゃあ明太子とチーズを焼いたら誰でもなんでもうまいやろ。

生粋の大阪人としては残念であるが、広島焼きももんじゃ焼きも美味しい。
かつては、もんじゃ焼きにも否定的なスタンスであった。
なんでこんなぐちゃぐちゃなもん食べやなあかんねやと。

見よう見まねで小さなヘラを使い、もんじゃ焼きの“縁”からこそぎ取ってひと口。
いやん旨い。
ビールとの相性が抜群。

ホームの大阪でもこっそりともんじゃ焼き屋さんに訪れている。
見かけても声はかけないでね。
あしからず。

沖縄に向かう飛行機の中。
現地ではみらいずにまつわる沖縄メンバーと落ち合う予定。
Blogの再会は月曜日。
良い週末をお過ごし下さいませ。

スピーク-スポーク-スポークン

水曜日もルーティンワーク。
朝から6事業を30分ずつ刻みで12時半までびっちり会議。ランチはマクドナルドパーティー。カーシェアで車を借りて大学の授業へ向かう。授業が終われば、西梅田に戻りゲストスピーカースタッフたちとのお食事会。そして最後はフラフラ。

人にものごとを伝えることは、思う以上に難しい。
プレゼンテーションの場であれば尚更のこと。
極度の緊張でイメージ通りにものごとはすすまない。
誰でもそんなもの。

平時からの取り組みが重要。
人といっぱい話すこと。
楽しかったこと、うまくいかなかったこと、どうでもいいことも含めて。
今の気持ちを伝えることがなによりも大切。

無理して、大きく、可笑しく話さなくたっていい。
普通のことを普通に普段から。
練習してみよう。
「今日は天気が良くて気持ちがいいですね。」
リピートアフターミー。

ちなみに、天気予報では明日は雨。

広島焼き

スタッフにセッティングしてもらい大学の先生と堺東駅でお食事。
多くの方に支えられ、応援され、みらいずは成り立っているのだなと、改めて実感。
感謝の気持ちを忘れず、責任を果たしていかなければならない。

お好み焼き談義。
大阪のお好み焼きは混ぜ焼きスタイル。
広島のお好み焼きは重ね焼きスタイル。
焼きそばの入ったお好み焼きのことを、大阪ではモダン焼きと呼ぶ。

高校生の時、土曜日の昼は野郎ばかりでお好み焼き屋さんに通っていた。
注文はいちばん安価な豚玉の大とおにぎりセット。いわゆる大阪ならではのお好み焼き定食である。

小遣いを多くもらった時はモダン焼きを注文。
お好み焼きと焼きそばを同時に食べることができ、リッチな気分になる。
高校生の時から、お好み焼きよりもモダン焼きが好物。

仕事で広島に入ったとき、スタッフたちと夕食に広島焼きを囲んだ。
大阪人代表としては、広島焼きには否定的なスタンス。
お好み焼きではなく、これはキャベツ焼きだと豪語。

いちゃもんを付けながらひとくち食べると、あら旨い。
お好み焼きでもなく、モダン焼きでもなく、広島焼きが旨い。
キャベツとソースの甘みとイカ天のコクが最高。すっかり大阪人であることを忘れら広島焼きファンに。

広島焼きの聖地で広島焼きの焼き方を教わり、洗礼を受けた。
もう大阪の混ぜ焼きには戻れないかもしれない。
今日は大学の授業終了後、スタッフを引きつれもんじゃ焼きを食べに行く予定。
それでは。