パネラー

昨日は、文科省のリーディングプログラム「グローバル教育院」の学生たちが企画するフォーラムに登壇。

与えられたお題は、
「子どもの貧困対策 最前線!〜NPO、企業、自治体が語る連携のあり方〜」。
学生がファシリテートするパネルディスカッションのお題は、
「コレクティブという新しい支援の形」。

今までを振り返ると、
パネラーとしての登壇は多い。
→与えられたお題に対して好き勝手に話していいから。
ファシリテーターは依頼すらされたことがない。
→人の話をきちんと聞けないから。
小学生の頃からの課題が、大人になった今も影響を及ぼしている。

学生たちのプレゼンテーションやファシリテートにプチ感動。
よく現場に足を運び、同じ空気を吸い、肌で感じたからこその結果。
身の丈にあった良い内容であり、一所懸命に取り組む姿に好印象を受けた。
未来に希望が持てる学生たちの姿勢を、大人たちも見習わなければならない。

学生たちの期待に少しでも応えられるよう、自称おっさん代表として邁進していきたい。
ありがとうございました。

お子さま

昨日は朝から西宮で会議。
株式会社YEVISの取締役会。

ミッション・ヴィジョンが大切。
ミッション・ヴィジョンに細部までこだわりを見せ、社員を教育していかなければならない。
組織が世の中にどのような価値をもたらすのか、人びとは何に感動をするのか。

終了後、西宮北口駅でランチ。
カレーそばが絶品のお店。
カレーうどんではなく、カレーそば。
標準の味付けが激辛。

辛みを調整してもらえるが、甘口を注文すると、「え?お兄さん“お子さま味”で?」。
どうやらお店では、“ふつう”の下の味付けが“お子さま”と命名している模様。
「お客さま、お子さま味で〜」と店内に注文が響き渡る。
少し恥ずかしいが、接客も素晴らしく、居心地のいい、お気に入りのお店である。

お子さま味でも汗だくのおっさん。
会計を済ませると、店員さんが汗だくの様子をみて、
「あははは、お子さまより“下の”味付けはないよ」と満面の笑み。
ごちそうさまでした。

今日から東京。
良い週末をお過ごし下さいませ。

官能チェック

午後からコレチル合同研修。
団体の垣根を超えていくためには、自社を整理し、他社を理解し、共通の言語をつくっていかなければならない。
同じ“景色”を共有する。
“ガッシュク”はもちろんのこと、“ノミカイ”も重要となってくる。

午前中は口臭歯科予防。
名医による官能チェックを受けた。

名医
「よし、今日も口臭チェックするよ。」
口臭に不安のある代表
「はい!よろしくお願いします。」
名医
「ここまで口に顔を近づけたら臭いよ。日本人は特に口が臭いからね。」
代表
「は、はい。」
名医
「じゃあ、鼻に息を吹きかけてみて。」
代表
「ふぅー。」
名医
「ほら、こんなに近くの距離でも臭わないぞ。もう大丈夫!」
代表
「あ、ありがとうございます!」
名医
「今度は奥さんにこの距離でチェックしてもらいなさい。」
代表
「は、はい。」
名医
「そしたら、奥さんの方が臭いぞ。ガッハッハッハッハー!!」
代表
「あははは。」

苦難を乗り越え、口臭をゼロに。
社会人としてエチケットを大切に。

お昼

昨日も朝から一日中会議。
お昼に1時間ほど休憩時間。
お腹は空いているが、相変わらずランチには興味が湧かない。

一人で食べる10分程度の何でもいいような食事なら、1秒で済むプロテインとサプリメントで充分である。
とはいえ、スタッフもいるため、全員を巻き込みお弁当大会。

なんてことのないお弁当屋さんのお弁当を購入。
代表はコンビニに走り、お弁当の“友”を物色。
ふりかけ、フリーズドライの味噌汁やスープ、ミニカップ麺を購入。
調味料として、マヨネーズ、ぽん酢、おでん用の辛子、柚子胡椒をゲット。

冷えたご飯にふりかけが最高。
冷たいお弁当に、あっつあつの味噌汁がよく合う。
既製品のコロッケや、フィッシュフライにはマヨネーズソース辛子で好みの味付けに。
これでお弁当の時間が少し楽しくなった。

何気ない1日にわずかな変化をつけて、楽しんでみてはどうでしょうか。

チームT

昨日はゆっくりとした時間を過ごした。
朝から2週間以上ぶりのトレーニング。
体重は維持しているが、体脂肪率を抑えることが出来ていない。
ぽっこりおじさん。

お昼から“コレチル”で取材を受けた。
もちろん共同代表と2人。
自分の役まわりがようやくわかってきた。
人気のある共同代表をしっかりと“たてる”ことである。
振り返ってみると、自分への質問が格段に少ないのだから。

いっぱいきけて〜、いっぱいしゃべれる〜♪。
夕方からは英会話スクール。
失敗が許されないため、盤石の体制を組んだ。
その名も「チームT」。

一人では、以前のように、外国人講師からの圧力に負けてしまい辞めてしまう。
一人では、以前のように、飽きてしまい復習をしなくなり辞めてしまう。
一人では、以前のように、予約を入れる煩わしさから億劫になり辞めてしまう。
とにかく、一人ではすぐに辞めてしまうのである。

それらを防ぐため、家族割という制度を利用して、チームで受講するという体制を組んだ。
外国人講師の圧力や、予約の煩わしさに負けないため、秘書スタッフをチームに加入。
復習と継続のため、同じようなレベルの妻もチームに加入。
チーム内に、専属コーチと良きライバルが存在するのである。

失敗は許されない。
最後の英会話スクール。
ペラペラたーちゃんを乞うご期待。

駅ビル

朝から北海道と沖縄の盟友とFACE to FUKUSHIの会議。方向性について確認。

3月に東京・大阪で開催される福祉の就職フェアも、出店法人が120社と満員御礼。
来年度は人材定着、福祉教育に力を入れていきたいと思う。

その後、ブランディング会議、事業部会議、採用プロジェクトの会議を済ませ、お食事会。
人数が多い時はエンゲル係数が高いため、激安中華か食べ放題付きの激安串かつ店に入ることが多い。

少数メンバーでのお食事会の時は、ここぞとばかりに新しい店を開拓。
“駅ビル”しばりで。

大阪駅前ビルは、1ビルから4ビルまであり、B2・B1に飲食店がひしめき合っている。
競争も激しく、お店の移り変わりが半端ない。
先月まであったお店が、あっという間に新しいお店に変わっていることも多々。

最近の傾向として、有名立ち飲み居酒屋の、業態を変えたお店が増加。
新世界では聞いたことがない串かつチェーンや、日本酒のラインナップが豊富なお店など。

日本酒一合440円のお店もあれば、無濾過生原酒をとり揃えるおもしろいお店もある。
日本酒飲み放題のお店に至っては、恐怖すら覚える今日この頃である。

そろそろ休肝日を設けなければならないな。

続き

昨日もお仕事。
終了後はお食事。

昨日のBlogで書いた、飛行機の上級会員について熱弁していると、
「すみません。僕プラチナ会員になりました」と、スタッフが申し訳なさそうに報告。
でた、無欲のスタッフに負けているパターン。

そして話をしていると、諸先輩方や盟友たち全員が上級会員。
うらやましがっていると、ここぞとばかりにカードを見せびらかしてくる。
でも、すごく欲しい。

お金で買うことが出来ないからこそ、それらには価値がある。
ビックリマンのスーパーゼウスぐらいの価値。
いや、プロ野球チップスのカードホルダーぐらいの価値。
いや、いや、キン消しの“技消し”の肌色バージョンぐらい価値がある。

今日も朝からお仕事。
早く飛行機に乗る機会が来ないかな。

上級会員

どうしても飛行機の上級会員になりたい。

盟友のおかげで、北海道と沖縄でお仕事をする機会が多い。
スーツを着用して、ひとりビジネスモード。
まわりはテンションの高い観光客で溢れかえっている。

上級会員になり、無料でラウンジを使いたい訳ではない。
上級会員になり、空席予約などを優先的に受けたい訳ではない。
上級会員になり、マイルの付与率を上げたい訳ではない。

とにかく、素早く搭乗手続きを受け、優先搭乗で誰よりも早く飛行機に乗り込みたいだけなのである。

時間にはきっちりしている。
どんなにゆっくり自宅を出発しても、空港にはフライトの1時間半前に到着してしまう。
伊丹空港の手荷物検査場は、フライト30分前の観光客でいっぱい。
その焦っている観光客の中、フライト時間に余裕のあるおっさんが紛れて並ぶ。

そして搭乗口近くのTVを見て、まだかなまだかなと1時間あまりを過ごす。
30分前になると、次々と観光客がやってくる。
20分前になるとようやく搭乗が開始される。

先ずはお手伝いが必要な方々。お土産で手荷物がいっぱい。
そして、ダイヤモンド会員やプラチナ会員のお偉いおじさん達が乗り込んで行く。

ようやく自分の番かと思いきや、次は窓ぎわの後方の乗客が優先される。
結局は、遅刻気味の人々と一緒に乗り込むのである。
どんなに早く空港に到着していようとも。

乗り込むと、荷物棚は先の乗客の荷物でいっぱい。
そしてアームレストは先に乗り込んだ人が占有している。
なんじゃい!

どうしても上級会員になりたい。
とにかく飛行機に乗ってプレミアムポイントを貯めなければならない。
全国のカワウチBlogファンの皆さま、全国津々浦々何処まで行きますので、呼んで頂けませんでしょうか。
何卒よろしくお願い致します。

あれから10年

共同代表の粋な計らいにより、10年振りにアメニィティーフォーラムの表舞台に復帰。

若かりし頃、諸先輩方に呼んで頂き、0時から2時という深夜の時間帯に登壇。
真夜中にもかかわらず、300名を超える聴講者。

オーロラヴィジョンが用意されるほどの、大きな会場。
与えられたお題は、みらいずの活動紹介を、地域の自慢を交えながら。

住之江の自慢は、もちろんキン肉マンの作者ゆでたまご先生の生誕の地。
先生に協力してもらい、応援メッセージの入ったビデオレターを用意。

一世一代の晴れ舞台。
一張羅のスーツでおめかしをして緊張。
鞄の中にはキン肉マンのマスクを準備。

舞台に上がると同時に、マイクスタンドにキン肉マンのマスクをかぶせる。
プレゼンテーションが始まると、カメラマンが河内を捉える。
すると、オーロラヴィジョンにはキン肉マンが話しているように映る。

下調べをして、カメラアングルの位置を完全に抑えていたのである。
若気の至り。

プレゼンテーションは目立つことではない。
現場のメッセージを伝える機会である。
経験者は語る。
人は失敗を繰り返し成長する生き物であると。

試練

6時半に起床。
のんびり支度をしていたら、電車の時間がギリギリ。
早朝のパラパラの人混みのなか猛ダッシュ。
どうにか間に合い、車内で汗だくのおっさん。

今日は滋賀県大津プリンスホテルで開催されるアメニィティーフォーラムに参加。

昨晩はおとなしく自宅にて充電。
お風呂に浸かり、疲労した体を癒した。
出張が続くと、自分流の体のケアが出来ない。

ビジネスホテルのよくわからないシャンプーで、髪の毛はギシギシ。
敏感肌用のボディソープがないため、日本酒でツヤツヤのお肌のはずが、パッツパツ乾燥肌に逆戻り。

綿棒がないホテルが多く、耳かきが出来ない。
歯磨き粉の味が不味い。劣悪な歯ブラシも多く、口臭予防の名医に伝授された歯みがき方法が出来ない。

たっかたかの枕が多く首が痛い。
ベッドマットも体に合わず、腰痛がスタート。
何よりお部屋の乾燥が酷い。

そんな困難を乗り越えてこそ、憧れの超人になれるのだと信じている。
どうやら新快速ではなく快速に乗り込んだみたい。
なかなか大津駅に到着しない。
試練である。