ふりかけ

新幹線に乗り込む前、少し早く駅に到着して本屋に駆け込む。
話題のコーナーなどを中心にお気に入りのタイトルの本を探す。

本屋では本を購入せずiPadの電子媒体で本を購入。
本屋が厳選した“イチ押し”だけを頂戴させて頂く。
本屋さんごめんなさい。

最近はまっていること。
Myふりかけ作り。
健康を維持するため朝食は不可欠。
人間ドックではオールA。
秘訣は毎日納豆。

さらなる健康を追求。
体にいいものを一度に摂取出来るようにとMyふりかけを開発。
ドライ納豆のふりかけをベースに、胡麻をトッピング。
いりごま、すりごま、くろごまetc。

更にきざみのりや糸カツオもプラス。
それらを玄米と梅干し1つと食べる。
完璧。

まあ前夜のアルコールをもう少し控えること出来れば文句なしなのだが。

立ち上げメンバー

東京に向かう新幹線。
同行するスタッフは明日も仕事があり東京に一泊するそうな。
代表はひとり寂しく日帰り。
たーちゃんの“嫌なこと”ベスト10入り。

明後日は立ち上げメンバーとの合宿。
久方ぶりでワクワクしている。
去っていくスタッフ、大切にしていた事業をなくし、お金も底をつき、紆余曲折のみらいず。

変わらないことは“人を幸せにする”ということ。

我々は変化することをおそれない。
社会の課題を解決するため日々努力し日々向上する。

毎日がいそがしく毎日がたいへん。
そんな毎日にやりがいある。
辛く悲しいことも多いが、その中にこそある幸せを感じる。
誰かの“小さな”幸せのために我々は行動する。

みらいの未来図のために我々は変化を続ける。
“恐怖”を恐れずこれからも冒険を続けていく。

目標達成シート

お昼に夜の街すすきのを歩き、ある法則に気がついた。
“俺は東京生まれHIP HOP育ち、悪そうな奴は大体友達”と唄う、大阪でいうところの“イキって”いる若ものたちは“大体”鞄を持っていない。
あるある。

飛行機の機内や新幹線の車内は“内観”が出来る。
最近はiPadでの映画鑑賞や本や雑誌の読み漁りなどを出来るだけ控えている。
携帯電話のメモ機能をフル活用して頭の中を整理。
もちろんこのBlogも振り返りのひとつ。

先日たまたまTVで見かけた北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手。
打って投げての二刀流で大活躍の日本プロ野球会の至宝。
その中で語られていた高校生の時につくられた
「目標達成シート」。

細かいことはわからないが、シートのマスの中心に目標を書き、その目標を達成するための項目を周りに8つ書き込んでいく。
その8つの項目をひとつずつに分け、またマスの中心に書き込み、更にその項目が達成するための要素を8つ書き込むというもの。

見様見真似でつくってみた。
制作時間1時間半。
シートのマスの中心に書き込んだ目標は、
「日本一のNPO」。

それを達成するための8つの項目は、
「スタッフ育成」、「マネージメント」、「課題設定」、「情報発信」、「支援スキル」、「事務局運営」、「ミッション・ヴィジョン」、「ブランディング」となった。

更にここから一つひとつを取り出し、マスの中心に書き込む。
そして更に8つの要素を絞り出した。

今日はここまで。
次回は理事会の合宿でブラッシュアップしたものを発表したいと思う。

未来図

昨晩は共同代表の両親の自宅に招かれディナー。
共同代表の愛息子の誕生日会。

久方ぶりに“友だち”の誕生日会に参加。
小学生以来。
孫が勢ぞろいしており賑やかな会。
北海道で幸せのお裾分けを頂いた。

もうすぐクリスマス。
“大阪のおっちゃん”もスタッフの子どもたちになにかしてあげたい。
1年前に購入して以来せっせと貯めていた豚の貯金箱。
潰してみた。

総額42219円。
それらに代表のポケットマネー7781円をプラス。
トータル50000円を大盤振る舞い。

その名も、
「親が演じている架空の人物のサンタクロースより、実在するみらいずのリーダーの方がやっぱりええよなぁ」企画。

未来のみらいずを背負うスタッフの子どもたちには企画書を書いてもらう。
プレゼントの上限額は5000円まで。
自分の将来に役立つものであればなんでもいい。
親の代筆は不可。

申し込み締め切りは20日。
プレゼントの郵送をもって合否の結果とする。
企画書の用紙は社内全体メール“all”で5日に配信予定。

それでは我が子どもたちよぐっどらっく。

観光客

北海道。
共同代表と合流する前に時間があったため小樽。
バスから降りてくる大量の外国人観光客。
紛れて一緒にお土産などの試食大会。
お腹いっぱい。特技である。

夜は半年間みらいずで研修を行なったスタッフも呼び出してもらいジンギスカン。
贅沢にもジンギスカンしゃぶしゃぶ。
これがほどよくひつじ臭く絶品。

2軒目は愛読書「るるぶ」に掲載されている観光客向けの居酒屋。
つっこ飯。
豪快なパフォーマンスと共に、贅沢にイクラを乗せる名物丼。
地元は行かないのであろうが大阪人としては一度は体験してみたい。
満足。

それでは。

フルマラソン

今日から北海道。
共同代表のご家族にご挨拶できる予定。

昨晩は大阪マラソンの打ち上げ。
全員無事完走。
あれほど辛かったことは忘れ、すっかり楽しかった思い出。
42.195kmの恐ろしい力。

達成感からなのか何故か人に勧めたくなる。
何処かの誰かに言われないとはじめられないものだから、余計に伝えたくなる。

誰かのためでなくていい。
もちろん自分のためでなくてもいい。
おじさんでもおばさんでもいい。
もちろん太っていてもいい。

靴さえあれば大丈夫。
早歩きに少し毛が生えた程度の6時間。
それでも人生において一度でいいから挑戦しておくべきもの。

そんな我がみらいずは来年度チャリティー先のNPOとして申請。
合否は1月末。
受からなかったらショック。
受かったならどしどしご応募を。
少し高価だけど。

勇気

勇気と根性は違うような気がする。
まだ、自分の中に落とし込めていないためわからないのだが。

勇気とは局面を変える力。
根性とは最後まで諦めず出しきる力。

勇気とは恐れない心。
根性とは諦めない心。

勇気とは時には無謀であり、根性とは時には犠牲を払う。

自分では解決できない局面を迎えた時、勇気を持って行動を起こさなければならない。
根性は後から付いてくる。

根性ある行動を見かけた時、誰かが勇気を持って局面を変える行動を起こさなければならない。

どうすれば勇気を持って行動を起こすことができるのか。
少し悩むとする。

快眠

昨日は一張羅のスーツを引っ張り出し尼崎市役所。
総務省の方々を迎え市長とランチミーティング。
分刻みのスケジュールでお仕事なされている。
ちなみにみらいずの代表は日刻み程度のスケジュールである。

市政100周年を迎え「松本家の休日」という深夜番組とコラボレーションして完成した“松本人志”の銅像が市役所2階に飾られてあった。
番組を見ていたこともありひとりで地味に興奮。

睡眠のお話し。
パーカーやフリースとはお別れをしてもっぱらパジャマ。
何度も言うが人間ドック感は否めない。
体温調節がコントロール出来ず寝汗を多く掻くということは回避できている。

先日、TV番組で見かけたのだが、手足を温めると寝付きが良くなるらしい。
そして、部屋を真っ暗にして眠るより薄明かりを付けて眠る方が安心して眠れるとのこと。
更に、寝る前のコップ一杯のお水もあまり良くないと。

全て実践。
お水を飲まないと血液がドロドロするような気がして寝る前に不安になる。
遮光カーテンを開けて月明かりで寝ようと試みたが、月明かりがあるわけもなく向かいのオフィスのビル明かり。
サラリーマンも遅くまで働いているのだと感心する。

手足を温めようと手袋と靴下を装着。
その姿はまるで“手タレ”のよう。
朝起きると手袋と靴下がベッドの下に散乱していた。
快眠とは難しいものである。
ただ暴飲暴食を控えればいいだけなのだが。

遠足は家に帰るまでが遠足

合宿が終わり会議を行うため住之江の事務所。
よく怒った1日であった。

合宿は使用した物品を片付けるまでが合宿。
どの合宿も締まりが悪い。
事務所が荒れている。
床には煩雑に荷物が置かれておりダンボールが散乱している。
昼食に出かけているのか、デスクには資料が出しっ放し。

こういった“空気”の時にはたいてい代表には伝えられていない“出来事”が現場で起こっている。

夜は寮生たちが企画した誕生日会。
これまた酷い家の中。
人を迎えるような姿ではない。
まるでゴミ屋敷のよう。
感謝をうたう“ミレド”はなんであったのか。

スタッフは自分をうつしだす鏡。
代表として態度や姿勢を改めよう。

新入社員合宿

edge研修が終了。
プレイヤーの皆さまお疲れさまでした。
メンターの皆さまお力添えありがとうございました。
ボランティアでかかわらせて頂いたみらいずのスタッフは充実した1泊2日であったかと。

研修終了後、急いで南港から舞洲に向かいみらいず新入社員合宿。
更に1泊2日がプラス。
40歳体力の限界グフッ。

学生をどのように巻き込んでいくのか激論が交わされた。
はず。
代表が“いきりながら”話題の中心を担っていたが、若者たちの議論の阻害をしているということになり突然の“クビ”宣告。
日が変わらぬうちに就寝。
これからもスタッフを信じていく。

朝おきると朝食を用意する新入社員たちの姿。
まだまだではあるが、いずれ事業の中心を担っていく。
成長しないスタッフはいない。
あきらめなければ。