時代おくれ

少しずつ日常が戻りつつある。

いろんなことを想い、iPhone7を握りしめながらルーティーンのBlog。

人は誰かのために生きるということ。
誰かのために生きるということは人を強くするということ。

不安に押し潰されそうになったとき、お母ちゃんをこころに描く。
不安に押し潰されそうになったとき、愛するスタッフをこころに想う。

目立たぬように、はしゃがぬように、
似合わぬことは無理をせず、人の心を見つめつづけるという歌のフレーズを胸に、
あたりまえの男を目指したいと思う。

みなさまへご挨拶

いつもお世話になっております。

本日より、ブログを再開いたします。
そして、二つご報告がございます。

一つは、現在取り組んでいる事業についてです。

NPO法人ノーベル代表と共同代表をつとめるCollective for Childrenが、日本財団が主催する「ソーシャルイノベーションフォーラム2016」で優秀賞を受賞いたしました。

Collective for Childrenは、子どもの出生から成人に至るまでの期間、切れ目のない子どもと家族の支援を行おうと、複数のそれぞれに豊富な実績を持つ子ども支援のNPOが一つに集まりました。それによって、子どもの貧困や貧困の連鎖を解消しようと考えています。
対象者の年齢や状況などによって切れることのない支援を行うために、懸命に取り組んでまいります。

もう一つは、個人的なご報告です。
私は、先日入籍いたしました。
本来ならば、みなさまにもっと早く御報告をするべきだったのですが、個人的な報告を行うにはふさわしくないと考える期間がございましたので、本日の御報告となってしまいましたことをお許しください。
まだまだ未熟で至らない私ですが、いつも支えてくださるみなさま、応援してくださるみなさまへの感謝の気持ちを忘れずに、今までより一層真摯に仕事に向き合い、努力を重ねてまいります。
みなさまには、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成28年10月1日
河内 崇典