土曜日の朝に声が出なくなった。

オンラインで開催されたedgeプランコンペのオープニング挨拶を実行委員長に任せ、夜の“河内ゼミ”もスタッフに進行を任せた。

ゼミではzoomのチャット機能を使い、学生たちのコメントに対して小声を“書くだけ”。
次回は挽回しなければ。

心当たりのある夏風邪だが、こんなご時世だから、入手していた抗体検査キットを使い血液をチェック。

もちろん注射も血も苦手。
自分自身で薬指に針を刺すなんて。
スタッフに見届けてもらったが、刺すまでに15分を要した。
打つ瞬間は指先が震える始末。

バチンと音がなりたじろいだが、痛みが来ない。あまりの痛みの少なさに逆に驚愕。
なんとかスポイトで血液を採取して待つこと10分。陰性を示すラインが浮きあがりひと安心。

みなさんも夏風邪には気をつけましょう。
くれぐれもクーラーを20°に設定して泥酔しないように。

ポップコーン

オフィスがアウトドアグッズで溢れかえっている。

オフィスにあるテーブルが小さいため、自宅で使っていたキャンプ用サイドテーブルを持って行ったり、ゴミ箱をアウトドア用ダストボックスに変更したり。ダストボックスの天板をテーブルとして使用することも可能で、狭いスペースを有効活用しようと試行錯誤している。

グッズをスマートに整理しようと、キャプテンスタッグのウッドラックを購入。
ビールサーバー、ランチボックス、タンブラーグラスなどを整頓。
それにしてもポップコーン機が巨大。

一度だけ使用したがお掃除が大変。
子どもたちをイベント的に喜ばせるのには最高だが、おじさんは酔いが回ると後片付けがおぼつかなくなる。リリースすることを決意。

たまたま梅田オフィスを訪れたママスタッフに、ポップコーン機の素晴らしさをプレゼンテーション。今ならポップコーン専用袋とポップコーンフレーバーもセット。
渋々であったが引き取ってくれることに。

その夜、動画が送られてきた。
ポンポンとポップコーンが出来上がる機械の前で、子どもが「イェイイェイイェイイェイイェイ」と永遠に連呼する可愛い動画。
こんなにも喜んでもらえるなんて。

組織内で“ミラカリ”を立ち上げてみようかな。

創意工夫

1週間以上前に書いたBlog。
それではどうぞ。

いつ何時でもオフィスでお食事会を開けるように、と様々なグッズを購入。

Uber eatsでフードを注文をすると、簡易な容器に入って届く。アルコール類は缶から紙コップに移し、フードは紙皿に取り分けて食べる。それではテンションが下がる。

外食並みとはいかないが、会を楽しむため自分なりに創意工夫をしてみた。
アウトドアグッズが便利。

落としても割れないタンブラーグラスやワイングラス&脚を取り外してコンパクト収納できる携帯ステンレス製ワイングラスetc。これでワインもハイボールも美味しく頂くことが出来る。

キャプテンスタッグのランチボックスを購入。ホーローの食器セットとなっており、取り皿としてお洒落で可愛い。

更に会を盛り上げるために、ママスタッフからお勧めされたポップコーン機を購入。
ポップコーン専用袋とポップコーンフレーバーを購入して、“シャカシャカ”も出来るようにしてみた。

居酒屋の生ビールとまではいかないが、缶ビールを美味しく頂こうと、家庭用のビールサーバーも購入。

これらを用意して、プロジェクターにDAZNを投影。もちろん阪神タイガースを応援する。4人限定。
こんな感でじどうでしょうか。

どんなときも創意工夫が大切です。

お茶

体のメンテナンス日。
パーソナルジムに行ったり、鍼治療に行ったり。

移動の中心は妻に借りた電動付き自転車。
自転車に15分以上乗っても汗をかかない方法を編み出した。
ネッククーラーもハンディ扇風機も使用しない。

先ずは、首に“首もと氷ベルト”を巻く。
そして、出発前には全身をGATSBYアイスデオドラントで隈なく拭く。
極め付けは冷凍麦茶。そう通称“首茶”。
首茶で首の頸動脈を抑え冷やし続けるのである。信号待ちの時に、脇や股間に首茶を挟むことを忘れずに。

細かなことだが、太陽の位置を確認しながら日陰の多い道を選択すること。
汗をかきそうになったら自転車を止めてGATSBYを投入。

熱中症にならないよう、念には念を。
お試しあれ。

椅子

月曜日はFACEtoFUKUSHI、Collective for Childrenと会議が続く。どちらもオンライン。
その他、河内ゼミの面談や事業計画の打ち合わせが入る。内観部屋を改装した、半畳の「オンライン部屋」にこもりっぱなし。

背景が映り込まないようにロールカーテンを下ろすと、モニタやライトの熱がこもり、狭いスペースの温度があがる。
ヨドバシカメラで購入したハンディ扇風機が大活躍。

付属のフックを使い、パソコンに扇風機を立てかけ、ファンを回し体に風を送る。
ミスト機能を使うとかなり冷んやり。更に快適に使用しようと、ミントのアロマを一滴落とすと、快適な空間に早変わり。

自分なりに創意工夫をして、オンライン生活に順応をしている。

それでもいちにちモニターの前に座っていると疲労は困ぱい。
給付金でオットマンとタブレットスタンドまでフル装備したメッシュチェア“エルゴヒューマンプロ”を購入するかどうかを検討。

実際に販売店舗に行き“試乗”。
座面チルト、座面奥行調整などフィット機能が充実しており、大きくリクライニングできるのが特徴的とのこと。
その場で即決。

売れ行きが凄いらしく、オフィスに届くのは10月の末になるとのこと。
今度、このオンライン生活のこだわりをYouTubeにアップしてみような。
誰も興味ないかな。

カレッジ

1週間もBlogを書かないと、体が習慣を忘れてしまう。
大切なことは日々のルーティンであることを痛感。

日曜日の夜はNPOソーシャルカレッジ。略して“NSC”。
お盆休みの最終日にもかかわらず、多くの学生たちが参加してくれた。ありがとう。

講師はカレッジがスタートして以来はじめての女性起業家。
何度かプレゼン大会で“舞台”を共にした事があるが、(代表の全戦全敗)
わかりやすく、共感を呼ぶ、わくわくするプレゼンテーションである。

コロナ禍において、みらいずが学生たちに“今できること”として、NSCを一心発起。
今ではすっかり自身の勉強の場となっている。協力してくれる講師の方々に感謝。

今やれることを全力で取り組むこと。
やるかやらないかは己れ次第。

“おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなしものは心なりけり”

伝える

秘めたる想いはいらない。
目標があるのなら有言実行すべきである。

失敗を恐れない。失敗を恥じない。
誰かに笑われようとも、自分自身が納得するまでチャレンジをすればいい。
見てる“阿呆”なら、踊る“阿保”を選べ。

伝えなければ伝わらない。
言った言わないかではなく、伝えたのか伝わったのかである。
伝わるまで、何度でも伝えなければならない。誠心誠意、熱意を持って。

わかって欲しい、信じて欲しいという思いは自分勝手なもの。
わかる、信じるかは相手次第のこと。
“主語”をすり替えないことである。

我々は伝えることも大切な仕事のひとつ。
いま一度、自身の行動を見直してもらいたいと思う。

p.s Blogの再開は17日の月曜日。よいお盆休みをお過ごし下さいませ。

判断

どのような立場であれ、物事を判断して行動しなければならない。

報告・連絡・相談も大切だが、物事の判断を人に転嫁することではない。履き違えてはならない。

考える力を身に付けること。
自身が危機にさらされたとき、ひとりで物事を判断して、行動を起こさなければならない。もちろん結果に対しての責任も持たなければならない。

日々の努力が大切。
日々判断をする。日々行動を起こす。
誰かにやらされているだけでは成長はない。自発的に行動を起こさなければならない。

平時の積み重ねが結果に結び付く。
自分自身がどのように成長するのか。
目指さなければ到達はしない。

いま一度、自身の行動を見直してもらいたいと思う。

ケア

仲間からお題を与えられ、“介護の魅力情報発信”事業を担当することになった。
高齢者事業を中心に介護の魅力を学生に伝えていくお仕事。

勉強不足のため、FACEtoFUKUSHIのフェアでお世話になっている法人にアポイントを取って訪問させていただいた。

こういった状況にもかかわらず、快く受け入れてくださりありがとうございます。

どの法人も理事長が対応してくださり感謝。
そして、身が引き締まる御言葉をかけて頂き、福祉の原点に戻ることが出来ました。ありがとうございました。

さあやらなければ。
河内ゼミの学生たちを巻き込む予定。
やれるやれないではなく、やりきることやりぬくこと。

ワクワクしているのである。