花火

水曜日は朝早くに出勤するようにしている。
早くにメールの返信を済ませ、少し時間をかけてBlogを書き、スタッフが出勤してくるまでの時間を堪能している。

昨日はPS4のVR体験。
スタッフが出勤してくると、薄暗い内観部屋にヘッドギアを付けた代表がひとり。
異様な光景である。

夜はスタッフに内緒でスタッフ宅を訪問。
大阪の風物詩であるPLの花火が見える市営住宅に住んでいる。
お肉とお酒を持ち込み、ベランダの窓を全開にして勝手にバーベキュー。withスタッフを除くその家族と、近くに住むスタッフひとり。

近隣への配慮と、スタッフが帰ってきた時にバレないよう、煙りの出ないカセットコンロを用意。
しかし、夜遅くに帰宅したスタッフにはバレた模様。

来年の8月1日も長居公園近くに住むスタッフ宅に集合で。

マナー

様々な流れからマナー講座のプログラムをつくることになった。
態度と口の悪い男ではあるが、大きな場面での失態は“さほど”ない。
小学校1年生の時から空手を習い、ある程度の作法は身につけているつもりである。

返事は短く大きな声で相手の目を見て。
お辞儀の角度はTPOに合わせて。
ダラダラと歩くのではなく、背筋を伸ばし前を見て手を振って歩く。etc
いろいろと気にしながら、代表としての責任を持ちながら勤めている。
少し時間をかけてプログラムを考えたいと思う。

飲み会の席で話されていた服装について。
基本的な姿勢として“余計なことをしない”ということが重要である。
シンプルイズベスト。

スマートフォンにカバーはいらない。
カバンにキーホルダーはいらない。
ワンポイントや柄をむやみやたらにあちらこちらに取り入れない。
全ての“雑味”を取り除き、素のままを堪能すること。

黒白紺を基調とする。
色のことを考えるより、脇汗ジミについて対策した方がいい。
楽な格好を考えるより、相手に不快な思いをさせないかどうか、TPOをわきまえた方が良い。
値段が高いから良いと言うわけではないが、安いから良いと言うわけでもない。
何故そのものを購入するのかという理由が必要なのである。

長くなった。
一張羅は一張羅である。
溢れたものから取り出すような生活ではなく、お気に入りの“ひとつ”を大切にできるような生活を。いや、そんな人生を送りましょう。

ペルソナ

昨日は朝から会議。
なかもずvsえびす。
2つの事業所で切磋琢磨し合うように。
再度、ペルソナをしっかり設定すること。

「ペルソナ」ー商品・サービスを利用する顧客の中で、最も重要な人物モデル。
そのペルソナがどのように成長していき、将来はどのように地域の中で過ごしているのか。
景色や情景をイメージすること。

自分の働き方の理想を可視化すること。
どのように仕事が出来れば効率的なのか。
理想ー現状=課題。
課題を把握することからはじめる。

あたりまえに行われているとや、あたりまえだと思っていたことを疑ってみる。
常に“why”を持って取り組む。
何故、会議を行うのか、何故、日報を書くのかetc。

目的を忘れず、1つひとつ丁寧に取り組むことが大切である。

仙台

仙台の皆さんもBlogを読んでくれているそうな。
ありがとうございます。

少し媚びておこうかな。
やっぱり厚切りの牛たんは旨い。
付け合わせのなんばん味噌漬けは辛すぎて食べられない。

冬のせり鍋が最高。
まさかの根っこが旨い。
贅沢を言ってはならないが、鶏肉より鴨肉の方が合う。

仙台四郎が大好き。
あちらこちらのみらいずオフィスに写真を飾っているほど。
みらいずの若いスタッフは仙台四郎を知らないと思う。

ずんだ餅が旨い。ずんだシェイクは甘すぎる。
立ち食い蕎麦が美味しいそうな。
行くタイミングがない。
密かに麻婆焼きそばがブームだとか。
これまた行くタイミングがない。

11月にも呼んで頂けるそうな。
その頃はせり鍋のシーズンかな。

電車やバスの中で飯を食っている奴。
それはスメルテロである。
もちろん新幹線内の豚まんは“ないとき”でいい。

仙台にお呼ばれし「福祉人材確保育成セミナー」で講演。
共同代表と共に。

自分に与えられたお題は、
「人材確保の現状と人材採用のポイントwith事務局」。
相方が与えられたお題は、
「福祉業界における国の方向性や福祉関係法人に迫られる変化について」。

ぜんぜんレベルちゃうやん。
国の動向を語る相方と、NPOも採用がんばってまんねんと吠える小さな大阪人。
お呼び頂き感謝。

伝えたかったことは、
組織としてこれからどうあるべかきか。
学生との接点を増やし、社会資源として巻き込んでいくこと。
福祉制度を回す事業者になるのではなく、地域の課題を解決すること。
スタッフを愛して共に成長していくこと。

“人と地域を想う”。
以上。ありがとうございました。

手首を痛めた。
思っている以上に重傷。
激痛が走り、ボタンすら止められない。
痛み止めを飲まなければ眠れないほど。

急遽、鍼治療。
激痛を伴うが、鍼を打たれるたび握力が戻ってくる。
手首の可動域も回復。
腰痛の時よりわかりやすい鍼の力。
恐るべき東洋医学。

大急ぎで事務所に戻り久方ぶりに取材を受けた。
最近、取材を受けるのはコレチルが多く、講演依頼はF2Fが多い。
あまり人気のないみらいず2。

ベースになるのがみらいず。
みらいずの実践に基づいて課題を解決する力を身に付けている。
カワウチの真髄である。
あ、edgeの方もお忘れなく〜。

映画

コレチルの代表として観ておく必要性がある、と西宮の代表に強く勧められた映画を鑑賞してきた。
万引き家族

子どもたちを支援していく身としては、観ておかなければならない映画だと感じた。
特にみらいずのスタッフには早く鑑賞することを勧める。

夜はみらいずの理事会を開催。
今後の組織の方向性と、サービスの安全性を確認。
新卒採用に加え、中途採用を戦略的に行い、組織の安定を図りつつ積極的に事業の拡大を行なっていきたいと思う。

みらいずからみらいず2へ。
課題解決のために一丸となって邁進していきたい。

水曜日

経営本部会議。
各事業部での猛暑対策を徹底するように指示。

お勧めの首もとベルト。
会社で購入して、ガイドヘルパーに出るスタッフに支給するよう指示したが、何処も売り切れているとのこと。
ネットでは値段がつり上がってしまっているとのこと。
もっと早くに気づくべきだったと後悔。

大学の授業も一段落し、慌しかった水曜日の午後がフリーに。
いきなり予定が入ることもなく、時間があったのでトレーニングジムで汗を流した。
お昼の時間帯ということもあり、貸し切り状態で快適。

格闘技のYouTubeに飽きてきた。
ラン30分。バイク30分。
有意義な時間を過ごすため何かないかと模索中。
トレーニングをしている間に頭が良くなる映像ってないのかな。

出店

夏祭りのシーズンがやってきた。
全国的にも有名な住吉大社のある町に生まれ、子どもの頃から夏祭りと初詣での“テキ屋”を楽しんでいた俺が教える夏祭りの極意。

玉子せんべいは半熟に限る。
原価から考えても300円はあり得ない。
200円のお店を見つけるまでは我慢との闘い。
丁寧に作ってくれるお姉ちゃんのお店をみつけたら即買いOK。
半熟の玉子は吸い付きながら食べるべし。
玉子を道に落としたり、黄身で手を汚したりするのは男としてナンセンス。

フランクフルトも200円。
タイムセールと最初から書かれてあるお店を見つけろ。
からしもケチャップも水で薄めてあるため、油でコーティングされているウィンナーにはまとわりつかない。
それらの光景を楽しむこと。
ウィンナーの根元を前歯で棒の上に持ってきながら食べるべし。
意外とからしがツーンとするのが夏祭りの醍醐味。

当たり外れが大きい肉類は敬遠する。
シメは安定の粉物。
粉ばかりのたこ焼きより、キャベツの多いお好み焼きを選ぶべし。
出汁が効いていないため、みずくさい。
ソースを大目に塗ってもらい、マヨネーズを大量に横に添えてもらうことをお勧めする。
のどが渇くまでソースを堪能しろ。

以上。
熱中症に気をつけて取りかかれ。

会議

ギャッツビーの氷冷ボディーペーパーが手放せなかったが、首もと氷ベルトを巻くと顔面から汗が出ない。

朝、店舗が空いていないため空調が効いていない西梅田駅から阪急梅田駅までの地下街も快適。
ただ、首もとベルトを巻く人の設定がおばちゃんなのか、柄が水玉模様しかないのが玉にキズである。

月曜日はいつものミーティング祭り。
6月からはじめて2カ月でルーティンとなった。

・時間を90分までと設定。
・事前にアジェンダを送ってもらい話す内容を共有。
・1週間をPDCAサイクルでの報告。

これらの3つを踏まえると、マンネリ化した“だらだら”会議にならない。
結果に責任を持ち、会議には程よい緊張感を持つことが重要である。

今日は午前中にF2Fの理事会があり、午後からはみらいずの理事会である。