文化祭

みらいず秋の文化祭2018が無事に終了。
大阪マラソンの壮行会と、2019年度新入社員内定式と、みらいず2ミニedgeを同時に開催。

edgeの理事を迎え、審査員になってもらい、事業責任者を中心にプレゼン大会。
テーマは“子どもの貧困の課題解決”。
1ヶ月間、代表がメンターとしてスタッフを指導。
4チームのプランのブラッシュアップを重ねた。

プレゼンテーション4分、質疑4分。
緊張せず最後までプレゼンが出来るか、審査員からの質疑にきちんと答えられるか、おっさん一人不安でドキドキ。
そんな不安はあっという間に吹っ飛んだ。

4組とも堂々たるプレゼンテーション。
プランもまずまずのでき。
パワーポイントの資料もよくまとめられており、起承転結がありわかりやすかった。
嬉しさを通り越し、感心してしまったぐらい。いやほんとに。

コンペのため優秀賞に選ばれたのはひと組。
どのプランもよかっただけに、非常にもったいない。
プランが実現できるようメンタリングを続けようかな。

とにかく、先ずは勝ち抜いたプランからスタートを切る。
いやー、でも、ほんとうによい会であった。
来年も開催することを決定。
イベントがみらいずを強くする。
いやこれほんと。

行動

「行動」

edgeの集合メンタリング。
全体的にアクションが少ないように思う。
1人でプランを練っていると、陥りやすい傾向である。

机上の空論にならないよう、行動したことを振り返り、プランを改善していかなければならない。
頭の中で考えていても何もはじまらない。
行動あるのみである。

夜はスタッフとのお食事会。
豚料理専門店。
豚しゃぶが絶品なお店。

豚しゃぶと共に、かつサンドも頂いた。
“贅沢かつサンド”1800円。
かなりの贅沢だが、薄ピンク色の極厚のカツが激ウマ。

今日はみらいず秋の文化祭2018が行われる。
行動に行動を重ねたチームが勝利するであろう。

走ってますか。
僕は走れていません。
週末の台風の雨がリズムを狂わせますね。
ぼちぼち頑張りましょう。

アンダーウェアとして着用しているランニングタイツ。
いるかいらない論。

筋肉疲労などを抑えてくれるという機能性の効果はあまりわからいなが、防寒対策としては必要。
あと、着用していることによる安心感は半端ない。
気休めにもなるのでオススメ派である。

ポーチつけるかつけないか論。
スマートフォンを持って走るかどうか。
以前、ポーチを着用して走ってみたが、ポーチの縦揺れ感に耐えれなかった。
持たない派。

最低限の飴だけをポケットに入れて走るタイプ。
スポーツドリンクやスポーツゼリーなどは沿道から応援してくれているスタッフに持ってもらおう。

とにかく練習しないとね。
ぼちぼちテンションを上げていきましょう。

みらいず2

最近よく取材を受ける。
FACE to FUKUSHIでもなく、collective for childrenでもなく、みらいずとして。

ここしばらくの間、みらいずとして取材をされたことがなかったので、取材依頼がきたということを聞くだけで「えっ」と驚いてしまう。

「みらいず」改め、「みらいず2」と改名したからなのかな。
並々ならぬ思いで「2」を付けて良かったと思う。

法人名の由来を聞かれることが多々ある。
今更感もあり、学生時代に考えた名前で、改めて聞かれるとこっぱずかしいものである。

同じ名前のキャンパスがあり、同じ名前のお水があるそうな。
みらいず。
ミライズ。
未来図。
ME-RISE。

これからも未来図を描きながら、自分たちも一緒に上昇していけるよう、みらいず一丸となって邁進していきたいと思う。

お子さまランチ

昨日、会議が終わり、午後からは西宮。
ランチは西宮の代表やスタッフに教えてもらい、いきつけになったカレー蕎麦が旨い蕎麦屋。以前にもこのBlogで書いたことがある。

辛さの調整が可能。
“普通”と呼ばれているランクが標準のようだがかなり激辛。
その下に“控えめ”というものがあり、更にその下に“お子さま”というランクのメニューがある。

激辛が苦手なため“そちら”を小声で頼むが、店員さんの大きな声が「お子さま入りましたあ!」と店内に響き渡る。
満員の店内では“クス”っと笑いが起こり、あちらこちらでヒソヒソ話がはじまる。
少々笑われてでも食べたくなるカレー蕎麦が絶品なお店。

ちなみに“お子さま”味でも、自分にとっては激辛。髪の毛がペタペタになるぐらい汗をかく。
それを見かねてか、優しい店主がにこやかに大きなうちわを持ってきてくれる。
お子さま味を食べながらうちわを持って蕎麦をすする。
さすがにまわりの目が気になるわ。

事務所に戻りメンタリング。
各チームいい感じで仕上がってきている。
強いて言うのであれば、もっと行動を起こすこと。頭でっかちにならない。
人に話を聞きにいく、あえてもう一度現場に足を運んでみる。自分の目や耳で見てきたこと聞いてきたことが、プランを“本物”にしてくれる。
行動することを最後まで忘れずに。

切磋琢磨

9時きっかりに会議がある日は、8時に出勤をしてしまう。
綺麗に掃除を行い、準備をして、スタッフを迎える心がまえをする。
基本のキである。

西宮えびすvsなかもずみらいず。
移動支援を行っている事業部同士。交流も含め、月に1回合同で事業進捗会議を行っている。

よく似た派遣時間数であり、よく似た利用者数、学生ヘルパー数である。
常に課題にアプローチをして、結果を共有して、切磋琢磨し続けてもらいたい。

まずは課題を明確にする。
絞り込み、原因を掘り下げる。
対策を考え、アクションをおこす。
結果を踏まえ、検証を行う。
どのような結果が出ており、何が良く何が悪かったのか。
次のアクションのため、改善に改善を重ねる。

結果はすぐに出ない。
柔軟に対応する力、改善する力が結果に結びついていくのである。
たぶんね。

年末まで残り3カ月。
笑って忘年会を迎え、成果を労いながら乾杯をしよう。

ルーティン

「ルーティン」

台風の影響もなく月曜日はルーティンの会議日。

早朝、人混みを逆行して西梅田から阪急梅田駅へ。電車に乗り込み夙川駅。
スーパーでスタッフの子どものお土産にとアンパンマンのお菓子を買い占める。
えびすのスタッフとのワークショップを終え、尼崎市の塚口駅にあるコレチルのオフィスへ。その前に夙川駅の改札の中にある成城石井で、妻へのお土産にとタイ料理のレトルトを購入。
15時コレチルの会議を抜け、西梅田に戻りF2F会議。17時半過ぎに終わり帰宅。

普段なら、夕食を食べゆっくり過ごすところではあるが、10月1日で月の初めということもあり、はりきってトレーニングジムへ。
ゆっくり歩く程度のLSDトレーニングを諦め、30分間しばりでジョギング。
バテバテの中ひと汗を流した。

大阪マラソン当日まで2ヶ月を切った。
いよいよ追い込みの時期が到来。
走った距離より、走った回数を推奨。
何度もいう、壮絶な膝への痛みを伴う。
体重を落とし、膝への負担を軽減すること。
まわりと声をかけあってモチベーションを維持することも重要。

健康まっしぐらですな。

冬支度

台風ないちにち。
朝ゆっくりに起き、少しだらだらとして、歯を磨いて寝起きのままトレーニングジムへ。
帽子で寝癖を隠しながら。

今日こそLSDトレーニングで、1時間走ろうと意気込んだが、30分を超えたあたりで急激に息切れ。
根性もなく、45分でリタイア。
今日から10月。もう1段階モチベーションを上げなければならない。

午後から何もやることのないいちにち。
何かあった場合にと、緊急用の法人LINEグループが意識しながら。
こういった時、LINEを受信すればバイブで伝えてくれるApple Watchが便利。
肌身離さず寝る時も腕に着用。

あらゆるアウトドアグッズを充電しながら、ついでに断捨離を決行。
黄ばんでてろてろになった夏服。
大事に取っておいたが、やはりうす汚れておりテンションの上がらない冬服。

昨年スポーツ庁がスニーカー出勤を推奨したため、今年は特に革靴を履かなくなった。
昨年までは半袖のシャツに簡単なタイを結んでいたが、今年はスニーカーに合わせ、ポロシャツの上に薄手のジャケットを羽織る程度。
よりオフィスカジュアル化が進んだ。

冬服のシャツも見直し。長袖のニットポロなどをネットで注文。
ついでに欲しかったものをもろもろ。
冬支度も秋の魅力のひとつですな。
くれぐれも買い過ぎにはご注意を。

趣味

時間があれば映画鑑賞。
もっぱらアーリーショー。
早起きをして8時半から映画館。
10時頃には号泣していることが多い。

一度邦画をみると、立て続けに邦画が続くことが多い。
邦画が始まる前の宣伝では、邦画のものが流れることが多く、かなりの影響を受けてしまうからである。

「泣き虫しょったんの奇跡」
「SUNNY」
「パパはわるものチャンピオン」
「コーヒーが冷めないうちに」

もちろん朝ポップコーンも楽しみのひとつ。
朝食を食べたばかりにもかかわらず、ポップコーンは別腹。
L寸をばりぼりとがっついている。

こんなに映画を観ているので、趣味の欄に“映画鑑賞”と書いても嘘にならないかな。
仕事が忙しくなってきたときの、リフレッシュ方法のひとつである。

大阪も雨が強くなってきた。
みなさま安全第一でお過ごしください。

ラストスパート

今日は短く。

またまた台風が接近。
明日は「みらいず秋の文化祭」を予定していたが、台風の影響で延期を決定。
予定して下さっていた審査員の皆さま、申し訳ありませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

プレゼンを準備していたスタッフは1週間の猶予が出来た。
一度、気持ちはキレてしまうが、もう一度モチベーションを高めること。
いつも時間は足りないもの。
やりきれなかったことをやりきる。

1週間もあれば、プランは劇的に変化する。
そんなもんである。
先ずは動くこと。そして動くこと。
議論ばかりを重ねない。
人に話を聞きに行く、現場を改めて見てみる。学生の意見を聞いてもいい。
プレゼンテーションも15回以上は練習すること。

何度も言う。
時間はいつも足りないもの。
限られた時間の中でどのようにやりきるのか。
リーダーシップとチームワークが大切である。