ようこそBlogへ

月曜日もルーティンな一日になってきた。
午前は西宮のエビスからはじまり、午後から尼崎のコレチル、西梅田に戻りF2Fで一日が終わる。

全ての会議の時間を90分に制限し、最大限の集中力を保つ。
そのため、事前に共有しておく事項の整理やアジェンダの作成など、スタッフの準備する力が重要となってくる。

最近、いろいろな法人の若手のスタッフが、このくだらないBlogを読んでくれているそうな。
ありがとう。
Blogをはじめて約13年。
29歳の時に決行した1ヶ月沖縄Blog旅からスタート。

東日本大震災の時、5日後に現地に入り、現地の状況を仲間に伝えなければという思いから、365日のBlogがはじまった。
半年後に大阪に戻ってからは、自分のペースで日々の思うことをつらつらと綴っていた。

今は内観の一環として、昨日を振り返り今日を思う。そのため朝にBlogを書いている。
様々なSNSとは違い、1日遅れの日記みたいなもの。
誰が興味あんねん!とツッコミの声が聴こえてくるが、それでも誰かに声が届き、少しでも役に立てればと思う。

大きなことは言えないが、誰かのためだからこそ続けてきてこられたのだと。
継続は力なり。
塵も積もれば山となる。
くだらないことも、あたりまえのことも、馬鹿にせずちゃんとやりきること。

まずは1週間、狙うは1ヶ月、1ヶ月続いたものは3ヶ月間粘って頑張ってみる。
そうすれば日々のルーティンとなってくる。
振り返ると1年が過ぎている。
日課になれば、このくだらないBlogのように10年を超えるものとなる。

面白おかしくはじめた自分の取り組みが、誰かの役に立つことだってある。
わからないものである。
ひとつだけわかるのは、なにかをはじめなければ、なにも起こらないということである。

10年前、学生ボランティアに配る“団扇”に書いたメッセージを最後に。
「やるなら決めろ。決めたなら迷うな」

サンデー

休みが出来たため、久方ぶりにお母ちゃんのお墓まいり。
ホームセンターのコーナンにも行きたかったため、贅沢にもカーシェアリング。

お墓に手を合わせ、もろもろの報告と感謝を伝えた。
お参りが終わり、近くの回転寿司で昼食。
せっかくの日曜日だと思い、ガイドヘルパー講座で講師をしているお父さんスタッフには申し訳ないが、元みらいずインターン生である妻と3歳になる息子を呼び出し、回転寿司パーティーを開催。

そのままファミリーを引き連れコーナンへ。
もろもろのグッズを購入後、ペットコーナーで一生飼うことのないペットを鑑賞。
コーナンを後に、お気に入りのスーパーマルナカへ。

四国発祥のスーパーで、ラム肉を購入。
ラムのほか、馬刺し、鴨肉なども置かれており、ジビエ好きには有り難い存在である。
ファミリーを自宅まで送り届けお別れ。
平和な日曜日を過ごした。

さて、新たな1週間がはじまった。
今週は何をしますか。
日々のルーティンに追われていませんか。
継続は力なり。
あたりまえのことを馬鹿にせず徹底的にやりきる力を。

ビアガーデン

昨日で2019年度新卒採用の最終面接が終了。
後期の採用試験は“オーバーブッキング”のため一旦保留に。
4月1日からスタートダッシュが出来るよう、スペシャルな新卒研修を考えたいと思う。

夜はedgeメンターの懇親会。
今期はじめてのビアガーデン。
毎度のことだが、食事内容に期待してはいけない。
ついつい何も食べずにアルコールだけを胃に入れてしまい、悪酔いまっしぐら。

立場上言ってはならないが、懇親会は苦手である。
どこに座り誰と何を話せばいいのかがわからない。
“サシ”で飲むのも大変だが、4人席でゆったりと3人ぐらいで飲むのが丁度いい。

まあ、結局はベロベロになり、誰ともでもベラベラと機嫌よく喋っているのだが。

守破離

自分の役割を明確にすること。
まずは組織のスタッフとして、与えられたことをあたりまえにこなす。
あたりまえのことがきちんとでき、それ以上のことができ始めると、なお良い。
「守破離」の考えである。

守ー教えを守り私意をさし挟むことなく、ひたすら基本を身につける段階(新入社員から5年目までのスタッフ)
破ー守の殻を破り躍進する時代。いままでの教えを基礎として、中核として個性を発揮して創造する時代(5年目以上のスタッフから15年目ぐらいまでのスタッフ)
離ーあらゆる修行の結果、我が思いのままに行動し、1つの形や流儀流派にとらわれることなく、自由に力を発揮できる時代(1つの組織を経営できてからと考える)

もちろん「守」が大切であり、いちばん難しいことでもある。
自分なりの考えを捨て、頭の中を空にして、あるがままの状態を素直に受け入れること。
それが成長の近道なのである。

そう言えば、西梅田のオフィスの近くにそういった名前のお蕎麦屋さんがある。
いろんなお店を食べ歩いてきたが、大阪でいちばん旨い。たぶん。
最近では“蕎麦前”を楽しんでいる。

とりあえずビール!を辞め、いきなり日本酒をからはじめる。
夏なら氷を入れてロックで飲んでもおもしろい。
蕎麦屋では板わさや鴨焼きを頼むと格好良いのであろうが、蕎麦屋の出汁を堪能するため出汁巻きがベスト。お店ごとに味が違う。
そして蕎麦屋の天麩羅は旨い。

最後はざるそばをひたすらすする。
脇目も振らず。5分以内に食べ終わること。
そして、そば湯とそば茶を堪能して心を落ち着かせる。
あかん。蕎麦が食いたくなってきた。
良い週末をお過ごし下さいませ。

IQOS

3代目アイコス。
愛煙家である。
夜、自宅に戻り時間があればアイコスの清掃に励んでいる。

加熱ブレードに煙草の屑が焦げてこびり付いているのが気になって仕方ない。
アイコス専用の綿棒が売られているが(綿棒の先がアルコールで湿っており、柔らかくて細い)、意外と値段が高くて毎日は使えない。

ついつい普通の綿棒や爪楊枝で“カリカリ”とやってしまう。
焦げた屑がいっぱい取れるのが快感でたまらない。
意地になってやり過ぎてしまう。
悪い癖。

またブレードが折れてしまった。
今期2回目。
1時間ほど落ち込んだが、消耗品だと割りきりコンビニに走った。
7980円。
コンビニで払う様な値段ではなく、やはり落ち込んだ。

アイコス派のスタッフに掃除をどのように行っているのか尋ねてみた。
「アイコスのキットを購入した時に付いている、IQOSクリーナーブラシを使えば簡単に綺麗に出来ますよ。」と。
なんじゃい!知らんかったわそんなもんあんの。

やってみた。
めっちゃ綺麗に屑が取れるやん。
ただ快感感がこない。
ああ、早くカリカリしたい。

野郎メシ

水曜日はいつものルーティン。

6時半に起床し、8時半までに出勤をしてお掃除。
掃除が終わり綺麗で静かなオフィスでメールを返信して、アジェンダのチェック。
10時から経営本部会議がはじまり12時までに終わらせる。

13時半にカーシェアに乗り込み大学に向かい、15時にチャイムが鳴り10分間くだらない話をして、生徒を“シーン”とさせる。
90分で授業が終わり、西梅田に戻りカーシェアを駐車場に戻し、17時半に一日が終了する。

夜は男旅行を計画するため、往年の野郎スタッフを呼び出した。
野郎メシにチョイスしたのは手羽先。
名古屋では「風来坊」によく行くため、昨晩は「世界の山ちゃん」へ。

野郎4人で、とりあえずビールと手羽先10人前を注文。
塩胡椒がたっぷりとかかった手羽先が50本テーブルに並んだ。
箸袋の裏に食べ方が書かれており、その通りに食べると綺麗に骨だけが残る。
快感と塩辛さの相乗効果。
激うま。

更に2人前を追加、味噌かつも注文をして名古屋めしを堪能した。
次の野郎メシは何にしようかな。

英会話

ほそぼそと続けている駅前留学。
時間もなく優先順位も下がり、いつもなら辞めているところだが、お気に入りの先生に巡りあった。
先生のために成果を出したくて通っている。

とは言っても、予習や復習に励んでいるわけではない。毎度ぶっつけ本番。
先生と年齢が近く、大好きなキン肉マンの話や、10代の頃に聞いていたT-BOLANやWANDSの話を共通項に、片言の英単語で一生懸命に面白い話をしている。つもり。

あまりにも酷い英単語の片言に、先生もきょとんとしているが、いつもとても優しく、笑顔で対応してくれる。
もしかすると苦笑いかもしれないのだが。

最近ハマっているのが、Amazonプライム・ビデオ。
昔に見ていたプリズンブレイクを再度堪能している。
そんな“小ネタ”を先生に伝えると、質問が返ってきた。

英会話スクールの先生(注:英語で質問されているため、ほぼほぼ聞き取れていない。なので自分の勝手な解釈)
「おー、プリズンブレイクはおもしろいね。僕も昔に見ていたよ。そうそう、主人公の名前はなんだったっけ?」

流暢な英語で答えるたーちゃん
「マイケル・スコフィールド。」

英会話スクールの先生
「ハッハッハッハッハー。そうそうマイケルスコフィールドだった。懐かしいね。
崇典、もちろん字幕で見ているんだよね?」

流暢な英語で答えるたーちゃん
「ノー。ジャパニーズ。」

英会話スクールの先生
「吹き替えは英語でジャパニーズ ボイス オーバーって言うんだよ。
じゃあ、これからは字幕で見て、英会話を勉強すればいいんだよ。」

流暢な英語答えるたーちゃん
「オーケー、オーケー、イエス、イエス!」

そんなこんなで自宅でのタスクが増えた。
成長する自分が楽しみである。

結果

6月から月曜日のルーティンがはじまった。
愛車に乗り、事務所まで道のりを颯爽と走り抜け出勤。
愛車を置いて、阪急電車まで地下街の空調の効いた道を探しトコトコと歩く。

午前中は阪急夙川駅近くにあるエビス。
まずはスタッフ面談から。
組織での役割を確認して、現状の課題を把握。
改善できるところは、すぐに改善し、しかるべき会議が必要であれば、それをすぐに行ってもらう。
大切なのは、タスクを積み残さないことである。

午後からは阪急塚口駅付近にあるコレチル。
お昼を食べる時間がないので、ナッツをかじりながらミィーティング。
各種会議の整理。
新たな枠組みの議論を重ね、4年目以降の方向感のイメージを擦り合わせた。

全ての会議の時間は90分。
理由はそれ以上集中が出来ないから。

急いで西梅田に戻り夕方はF2Fの会議。
アウトカム、アウトプットの再設定。
それらを念頭に置き、KGI・KPIの設定。
少数精鋭のチーム。優先順位を見極め、あらゆる連携をして、結果を出す。
大切なことは、地域福祉の担い手をどのようにつくり、輩出し、活躍を続けてもらうのか。

どのチームも成果を出して、年末には祝杯をあげたいと思う。
全ては結果である。チーム一丸となれ。

フクシカオ

日曜日はFACE to FUKUSHIの就職フェアin大阪。
いつものオープニング担当。
北海道の共同代表が急な仕事が入ったため、相方不在。

“ピン”での前説は難しい。
一人でボケて突っ込んで盛り上げて。
どうしてもバタバタとしてしまう。

相方を用意。
F2Fのホームページのマスコミキャラクター「フクシカオ君」。
パワーポイント上でフクシカオが問いかけてきてくれ、それに答えるという方式。
答えたあと“Enter”を押すと、フクシカオが簡単にホゲてくるといった仕掛け。

ボランティアで参加してくれていたみらいずの学生たちに中身のコンテンツを御願い。
内容のチェックはなし。ぶっつけ本番。

結果はややスベり。
努力をしても毎回はウケない。
ウケる確率は我が阪神タイガースのロサリオの打率ぐらい。

大阪もそろそろ梅雨に入るそうな。
ジメジメを掃除と挨拶でぶっ飛ばせ。

目標

今年度は外からのオファーがなかったため、我が組織に力を注いでいく。
まずは西宮のYEVISから。
チームの雰囲気や力を見極めるため、食事会を開催。

思っていた以上に雰囲気は良かった。
あとは、チーム全体での目標をしっかりと立て、スタッフ一人ひとりの役割を明確にする。

“たぶんなになにだと思う”や、“なんとなくこうなりたい”など、曖昧な表現は無駄が多く成長の妨げとなる。

必要なことは調べ自分で判断して物事を決めていく。
個人の目標を定め、なると決めたことを達成する。

スタッフ一人ひとりの気持ちの持ちようで組織は変わる。
最高の支援を子どもたちに届けるため、日々最高パフォーマンスを出す。

やるなら決めろ。決めたなら迷うな。の精神で。