検査結果

一昨日、病院へ。
先週、お腹が痛くなり、採血をされ、エコーをあてられ、小腸に炎症が見られると告げられた検査結果の続き。

晩ご飯を食べながら、このBlogを楽しんでおられるファンもいるだろうと、詳しい検査の内容を書くことを控えた。

実は、ウイルス性かどうかを調べるために、筆のような長さの鉄の綿棒のようなものを医師に渡された。
その“凶器”をお尻の穴に刺し込んで、綿棒のような先にウ◯◯を付着させてこいとの、無理難題な命令。

医師からは棒を横に刺すのではなく、下から脳天に突き刺すようなイメージで行なって下さいと伝えられた。
いゃぁぁー!!めちゃめちゃ怖い表現やん!
けつの穴から“剣”を脳天に突き刺すなんて。
まさに地獄絵図。

恐る恐るトイレの中で実行。
恐怖のあまり、棒を拒絶し、お尻の穴が全く開かない。
ワシも男じゃい!と5回ぐらいチャレンジしたが、痛くて入らない。
断念。

“ブツ”が付着していないにもかかわらず、キットに終い、丁寧に袋に入れて看護士に提出。
もちろん検査結果は問題なし。
ウイルス性は見受けられないとのこと。
そりゃそうだ。

皆さん健康管理には余念なく。

お正月

年末年始の準備を着々と進めている。

のびのびになった、汚れているかどうかもわからない汚いパンツを何年も履いていませんか。
今年の汚れは今年のうちにの精神。
全部を新しいものに取り替えてしまいましょう。

そんなことを言っておきながら、昨年はタイミングを逃してしまった自分。
今年はパンツはもちろんのこと、下着のシャツ、くつ下も全て新品を購入。
神聖なるお正月の1日におろせるようにと、準備万端でクローゼットの中でスタンバイ。

更に思い切って奮発。
よれよれになったお気に入りのポーターのカバン。
同じものを購入。
こちらも1日に取り替える予定。

そうなるともうひとつ。
何度か洗ったがうす汚れたニューバランスの996。
もちろん同じ996を購入。
こちらも1日に取り替える予定。

清々しい気持ちでお正月を迎えましょう。
毎日履く下着ぐらいは新調してみてはどうでしょうか。
思っている以上に気が引き締まりますので。
社会起業家たるもの歯も命ですが、下着も命です。

ステイタスポイント

1年間の苦労が身を結び、期限ギリギリの12月に入り、ANAのプラチナ会員になることが出来た。
応援して下さっていた皆様、本当にありがとうございました。

これで一番最初に搭乗口に到着してるにもかかわらず、一番最後に通路側の席に座らなければならないという理不尽なルールから解放される。
パソコンを使わないため、ラウンジには興味がない。
いちばん早くに着いて、いちばん早くに乗り込みたいという願望のみ。

しかし、ダイヤモンドクラスという天空人の方々には敵わない。
指をくわえて道を譲りたいと思う。

来年は、ANAのステイタスに甘んじることなく、JAL修行に挑みたいと思う。
1月〜12月の1年間で50回搭乗というハードルの高さ。
来年も特に全国に行くような仕事もなく至難の業。

それでも人生は日々修行。
押忍。

漏れ太郎

恐怖の人間ドック。
通算で5年目を迎える。こなれたものである。

毎回、8時半から受付が開始にもかかわらず、8時にはパラパラと受付番号を取って待つ人がちらほら。
負けじと7時50分に到着。
既に5人が座って待っていた。めっちゃ悔しい。

どうして早く受け付けをしたいのかというと、当日の受付順に呼ばれるシステム、あらゆる検査を待つことなく早くに終われるから。
6番目から巻き返すためにも、早く着替えて、早く尿を出し、ひとつでも前の順番にいくことに最大の努力。
急いだ結果、3位にまで順位を上げた。

トップバッターは採血。
前回の採血で右腕は“死んでいる”ため、利き手の左手を差し出した。
注射が苦手だということを伝えだが、そうですかというような顔の看護士さん。
もはや吸血鬼にしか見えない。

採血が終わると、あとはなんてことのない健診ばかり。
最後の関門は胃透視ぐらい。
粉を口に含みバリウムを飲んで胃を膨らませ、台の上でぐるぐる回されるプレイ。

こちらも5回目となるとこなれたもの。
ゲップを我慢して言われた通りになすがまま。
全ての健診が終わり、見事1位でゴール。
着替えて、お会計を済ませ、あとは待ち合わせているスタッフと合流して、恒例となった豪華ホテルブッフェランチに行くだけ。

毎年の苦労は、バリウムを早く流すために下剤を飲む必要があり、ランチ時に何度もトイレに立たなければならないということ。
それすらも5年目となると慣れたものである。

ゆっくり着替えを済ませ…。
あれ?え?…。…。
なんやこのケツの感覚。
うわ、肛門が熱い。
やばい。もしや。

急いでトイレに駆け込んだが、時すでに遅し。
パンツはバリウムで真っ白。
そう、ウ○○をちびってしまったのである。
42歳にして記録を更新。

ホテルでスタッフを待ちながら、ノーパンでBlogを書いている惨めなおっさん。
健康第一。
皆さん、体は隅々まで調べてもらいましょう

SING2

FACE to FUKUSHIがお世話になる、“就フェアーみやぎ”の皆さんから、お祝いにと日本酒が届いた。

前回の講演の後の交流会では、好物の“せり鍋”を頂いたが、大阪マラソン前ということもあり禁酒中。
美味しい宮城のお酒を頂くことが出来なかった。

届いた日本酒は“伯楽星”。
素人の自分でも非常に飲みやすく、食中酒としてもってこいの日本酒。
スタッフと美味しく頂きたいと思います。
お気遣いありがとうございました。

歌のレッスンも継続中。
前回は、小腸が炎症を起こしているにもかかわらず、気力を振り絞ってSING。
先生のピアノに合わせて名曲を歌った。

みらいず大忘年会の目玉コンテンツは“SING2”。
事業部を超え、コレクティブインパクトを起こし、歌や踊りで人々を魅了すること。
申し込みの締め切りは終了したが、このBlogを読んでやってみようと思う勇者たち。
最後の参戦を待つ。

おもしろきこともなき世をおもしろく。
すみなしものは心なりけり。

病い

バタバタしており、自分が病気にかかっていたことをBlogで書くことが抜けてしまっていた。
今はすっかり回復。

無事に終わった大阪マラソン翌日、抜け駆けをして鍼治療。
あれだけ痛めていた膝が、腰に鍼を打つことによって驚くほど回復。
筋肉痛だけが残った。

全身筋肉痛。
足はもちろんのこと、腕も痛ければ、背中も腹筋も痛い。
今回は腹筋に“妙な”痛みを感じていた。
あまりの激痛に腹筋を伸ばすことが出来ず、真っ直ぐ立てないほどに。

仙台での講演もなんとか。
腹筋が痛いというよりは、内臓が“軋む”といったような感じ。
ごまかし続けたが、3日目には限界が。
スタッフに病院を調べてもらい、朝の8時半から内科へ。

真面目そうな医師
「どうされましたか?」
激痛に見舞われているたーちゃん
「2〜3日前からお腹がとても痛くて」
真面目そうな医師
「なにをして、どのようなものを食べられましたか?」
バツの悪いたーちゃん
「フルマラソンを走り、痛み止めを“数錠”服薬したにもかかわらず、打ち上げで10杯ほどビールを飲みました。そして次の日、栄養をつけようと、ジンギスカンを食べ、鯵と秋刀魚のお刺身を食べ、出張先の仙台では牛たんをたらふく頂きました。」
真面目そうな医師
「…、…。アニサキスの疑いもありますし、とりあえずエコーを当ててみて、採血もしましょう。」
バツの悪いたーちゃん
「注射をするのですか?注射は非常に苦手なんです。12月4日には人間ドックがあり、そちらでも死ぬほど注射されるのですが。」
真面目そうな医師
「今日は採血はしてもらいます。」

がーん。

結果。
採血の結果、貧血と炎症を起こしており、エコーの結果、小腸が腫れているとのこと。
痛み止めの頓服をもらい、抗生物質を処方された。

皆さん体に無理な負荷はかけないように。
普段からのケアを心がけましょう。

千葉

昨日は朝からバタバタとしており、Blogを書くタイミングを逃してしまった。

金曜日は千葉県知的障害者福祉協会の人材確保特別委員会の研修会に呼んで頂き講演。
与えられお題は、
「若者が働きたい福祉事業所「みらいず2」の人材確保戦略」。

伝えたかったこと。
講演メモから簡単に。

1.ディテールにこだわること
ホームページ、パンフレット、ミッション&ヴィジョン

2.組織に浸透させること
雰囲気づくり、プレゼンテーション、事業部間の競争

3.戦略を立てること
事業計画、重点事業、人材育成、ストーリーを持つ

4.なんやかんやゆうても中身
福祉制度と地域福祉
誰とどのような地域課題を、どう解決していくのか、組織の方向性を示す

伝わらないのではなく、“きちんと”伝えていないのである。
魅力ある福祉の仕事を、未来を支えていく若者たちに“しっかりと”伝えれるよう、切磋琢磨して共に発信していきましょう。

千葉県の皆様ありがとうございました。
今度訪れた時は大好物の“なめろう”を食してみたいと思います。

か細く

今日は千葉県へ。伊丹空港に向かうリムジンバスの中。
7時30分のフライトに間に合わせるため、早朝5時に起床。
お腹も空いていないが、一応おにぎりを買って行こうとコンビニに立ち寄った。

早朝のコンビニに立ち寄るなら、前のマンション近くの所に行こうと機転を利かした。
そう、お気に入りのアルバイト男性。
やっぱり深夜早朝はいてるやん。

モゴモゴしていて何を言っているか聞き取りにくいけど、無精ひげが少し気になるけど、頑張っている姿が妙に嬉しくなるんだよね。

そしてまたやってしまった。
おにぎりとお茶を差し出す前に、こちらから「おはようございます。」と。
“か細い”声で「おはようございます。」と。
そして眼を見て最後に「ありがとう。」といつもの儀式。
そうすると、眼をみてくれて“か細い”声で「ありがとうございました」と。

これでいちにちはハッピーになる。
そして俺の心の中ではこんな曲が流れた。

「未来」

歌:コブクロ
作詞:小渕健太郎
作曲:小渕健太郎・黒田俊介
僕が夢を忘れそうな時 君の涙で思い出す
何の為に歩いてきたのか 何度でも教えてくれる
土手に垂れた 二度目の春を 連れて歩いた 片恋風
君といつか 同じ枝の上 並んで咲いてみたい

時々 切ない瞳で笑うのは
まだ 見せられない心があるんだね

こんなにか細く 折れそうな
枝の先にも 君の未来が生まれてる
未だ見ぬ日々を 切り落とさないで
今を笑って 振り返る 君を守りたい

君が 心折れそうな時 この肩にもたれてくれたら
抱えていた 大きな荷物も 大切に運ぶから

僕の明日には いつでも 君がいて
どんな迷いも鎮める 風になる

このまま好きでいれるのなら
想いは届けぬままでいいと
結ばれぬまま 解けもしない
心深くに 身を知る雨

こんなにか細く 折れそうな
枝の先にも 君の未来が生まれてる
未だ見ぬ日々を 切り落とさないで
今を笑って 振り返る 君を守りたい
心深くに 身を知る雨 抱きしめる
そばにいたいから
そばにいたいから

安眠

これからワンルームマンションが賑やかになるため、新たなアイテムを入手。
BOSE睡眠専用ワイヤレス耳栓“スリープバズ”。

ノイズキャンセリングではなく、ノイズマスキング機能。
いびきや近隣の話し声、通過する自動車など入眠を妨げる物音に対して、波やせせらぎ、焚き火、風にそよぐ木の葉の音など特別にチューニングした環境音を重ねることで、「聞こえても意識に上らない」状態を作り、快適な入眠を助けるとのこと。

今まではなんとかノイズキャンセリング機能付きのイヤホンでごまかしてきたため、いろいろと不具合があった。
ノイズキャンセリング機能付きイヤホンはまだまだ“ワイヤアリ”が主流。
寝ている間にコードが絡み、ストレスを感じる。

ようやく今年、ワイヤレスのノイズキャンセリング機能付きイヤホンが発表されたので即購入。
今度は使用時間が3時間と短く、睡眠中に電源が切れてしまうという大きな問題が。
また、どちらとも使用中は青いライトが点滅するので、暗い部屋での青白い光がイマイチであった。

そして何より、音楽を聴くためのイヤホンは、イヤホンの形状に凹凸があり、耳からイヤホンが出てしまい、横に向くと枕にあたり取れてしまうという最大の難点。

これは課題を全て解消。
イヤホン本体は1cmにも満たない超小型で、横向きに寝ても耳に違和感が少なく寝返りがうてる形状。
バッテリーは連続で約16時間使用可能とのこと。
いやんなにそれ。願ったり叶ったりやん。もちろん即購入。

昨晩、試してみた。
10種類の“ヒーリングサウンド”から選んだのはパチパチという焚き火音。
アウトドア嫌いのキャンプファイヤー好きにはもってこいのサウンド。

結果。
朝までイヤホンが取れることもなく、まわりの生活音も気にならず爆睡。
最高のアイテムをゲット。
これで合宿も大丈夫。
1月に行われるみらいず全体合宿が、今から楽しみである。