サマー

特に欲しいものがある訳ではないが、メッカである駅前第4ビルでサマージャンボ宝くじを購入。
10年前に大量に宝くじを購入したことがある。毎年ちまちま買うのを辞め、“10年分”を一挙にまとめて購入。儚く夢は散ったのであった。

10年が経ち、また毎年ちまちまと買い始めている。そろそろ当たるんじゃないかと、年甲斐にもなくワクワク。
当たった暁には、卓上クーラーを購入しようかな。商品の性能がどうかなども気にせずにね。

近々、みらいずマラソン部の体重測定会がある。撮影をするため、我が家の体重計は事務所に置いてある。そして、普段は体重を測っていない。
そう、測定会までのお楽しみなのである。

“部員”たちも一生懸命に取り組んでくれている。たぶん。
代表もそれなりに努力を続けている。
炭水化物の摂取はいちにち一回。夜のお食事会が続いた時は、朝食をお味噌汁だけにして胃を整えたり、プロテインでいちにちの摂取カロリーを抑えたり。

どうなることやら。
YouTubeをお楽しみに。

時代

「時代」

先日、某筆記用具Sちゃんについてブログで書かれているのを拝見しました。
私も、母がSちゃんのことをよく思っていなかったからか、子どもの時に見ていた記憶はあまりありません。ただ、結婚して夫はSちゃんが大好きで、漫画やDVDも大量に持っています。毎週録画して、私も我が子も一緒に見ています。おすすめは、ベタですが「オトナ帝国の逆襲」と「戦国大合戦」です。私は大号泣をしてしまうのですが、河内さんも、お時間あればぜひ見てください。
子どもが見るのにあまり良くないというところでいくと、最近のSちゃんは「良くない」とされるようなシーンがかなり減っています。時代の流れとして仕方がないのですが、少し寂しくもあります…河内さんが最近「時代の流れを感じたもの」は何ですか?

※2回目の質問なので、ステッカーは他の方にお渡しください!

Sちゃんも良いよさん

Sちゃん愛が凄いですね。負けじとキン肉マン愛をこれからも育んでいきたいと思います。時間をつくって映画も観てみたいと思います。ありがとうございます。

時代の流れを感じたものはなんでしょうかね。
一度、大好きなゲームで感じたことがあります。

PS4もオンラインでつながり、知らない人同士、協力プレイで“敵”を倒していくソフトが増えました。

もちろんどんな状況であれ、人見知りのため、オンラインプレイを試したことがありません。
なので、大ボスに差し掛かったとき、攻略に手こずってしまい、ゲームオーバーになることが多い。

そう、協力プレイを前提としたステージでは、ひとりではなかなかクリア出来ないようになってしまっているのです。
昭和のゲーム好きにとってはとてつもなく難しい条件となっています。

スピルバーグ監督の映画「レディ・プレイヤー」のような時代が来るのですかね。
ゲーマーとして置いていかれないよう、しがみ付いて行きたいと思います。
ありがとうございました。

ダイナソー

息子の恐竜好きが止まらない。

少し前にスタッフの子どもからプレゼントされた恐竜のフィギュア。当初は怖がっており、我が家では入ってはいけないキッチンエリアの“門番”役であった。

昔に見た映画“ジェラシックワールド”。たまたまTVでやっていたので、録画&再生。
迫力あるシーンにすっかり魅了されてしまい、怖かった恐竜のフィギュアがお友達に。
今では、恐竜を手に持って“ガァオー”と吠えている。

そしてもう一つ、昔に見た映画“モンスター・インク”が、たまたまTVでやっており録画&再生。
“怖がらせ屋”のモンスター達の大ファンに。
恐竜とモンスターが入り混じったのか、恐竜のポーズでみんなを脅かす、少し変わったベイビーに成長。

先日、フィギュアをくれた“お兄ちゃん”を連れて恐竜博物館へ。
かなりのクオリティの恐竜たちが森に何匹も居ており、恐竜キッズたちにはたまらないエリアとなっている。

ガチお勧めです。

チャンス

夜な夜なブログを拝読させていただきました。学生です。今回は、感謝の気持ちをお伝えしたいと思い、投稿させていただきました。中学生、高校生の頃には想像もしなかったみらいを、今み・らいずで築かせて頂いています。誰かと意見を交換し合うことの楽しさ、自分で何か作り出せるかもしれない自信、どんなことができるかじゃなくてどんなことをしたいか、信頼できる、心強い大人の皆様に囲まれて、ものすごく前向きな毎日を過ごせています。
この場所に出会えてしあわせです。つくってくださり、出会ってくださり、ありがとうございます。ブログを読む中で、学生と直接関わるのは最後かも、とありました。最後に引っかかることができて良かった、チャンスの神様掴めたのかなと、やったーの気持ちでいっぱいです。ブログの更新、楽しみにしています。

ピーカンナッツさん

なんだなんだこれは。もしかして日常内観が出来ているのか!?
とにかくめっちゃくちゃ嬉しい投稿をありがとう。文章を読みながらとても幸せな気持ちになりました。

信じて続けてみるものだ。
いつかどこかの誰かに“思い”は届くのだと。
Blogをはじめたときから自分自身も“チャンスの神さん”を掴んでいたのかも知れない。

チャンスの神さんの次は“ほんまもんの女神”に会えるといいですね。
出会うためには、この“幸せ”を誰かにペイフォワードしていきましょう。

学生生活の間に何を成し遂げるのか。
人生をかけてやり遂げたいものはなんなのか。学生だからという言い訳をせず、学生だからこそ出来ることを考え抜くこと、やり抜くこと。

自分自身が想像できるものは、必ず出来るものなんだと信じることが重要。
これからも全力少年で突き進め。
ありがとう。

マラソン部

みらいずマラソン部のYouTube動画がまあまあ好評のようで。

3人3ヶ月−30Kgが目標。
キャプテンとして他の2人には負けてはいられないと、日々黙々とランニングマシーンを使い走っている。

食事会も増えており、トレーニングの時間を確保するのが大変。
夜おそおそにジムにいったり、出勤前の早朝にジムにいったり。

唯一のモチベーションはYouTube動画の撮影。どこかで誰かが見て応援してくれているであろうと勝手に燃えている。
変わり映えのしないランニング動画にもかかわらず、毎回スマートフォンをセッティングして録画。

“タイムプラス”で撮っているため、早送り画像でわかりにくいが、ランニングの終わりには画面に向かって皆んなに手を振っている。

言い訳はしない。
目指せシックスパック。

卓上クーラー

大雨のなか事務所に出勤。
レインウェアが大活躍。
レインパンツは自転車用のため、ズボンの裾に付いたマジックテープで絞ることが出来る。反射テープがデザインに組み込まれており夜間走行も安心。

オンライン会議あるある。
移動が不要のためスケジュールがタイトになりがち。
前の会議の時間が少し“おして”しまうと、次の会議の時間に差しかかってしまい、トイレに行くのが必死。

モニターに向かってずっと座っているため、ついついドリンクを飲み過ぎてしまう。
普段より水分を摂取することになり、自ずとトイレが近くなる。
会議と会議の間は休憩というよりはトイレタイムである。

3月31日に内観部屋を改装。今はオンライン会議専用部屋になっており超便利。
ロールスクリーンを下ろすと上質な個室空間に早変わり。しかし、冷たい空気が入って来ないので、中は蒸し暑い。

CMで流れていた、1つ購入するともう1つ付いてくる卓上クーラーを購入しようかお悩み中。
これからも快適な空間を模索していく。

ショッピング

「ショッピング」

日曜日の夜は“NSC”のため、午前中にゆっくりと家族との時間を過ごした。

息子の習い事を見学して、隣接されたゲームセンターでUFOキャッチャーの腕前を披露。
父親としてかっこいいところを見せることが出来なかったが、将来は2人でゾンビを撃ちまくりたいと思う。

ランチを済ませてショッピング。
緊急事態宣言以降はじめてのお買い物。
お目当ては前回のNSCの授業の後に落とした“ニットタイ”を購入すること。
よく似たものを購入しなければならない時がいちばんテンションが下がる。

ついでにと、久方ぶりにセットアップスーツも購入。
お洒落にと、インナーは“白T”を合わせてみた。裸の大将にならないか不安である。

そんなこんなで新しい服を購入すると、何げないいちにちが楽しくなり、日々に刺激が入る。
大学の授業やNSCの授業でお披露目しようかな。

NSC

仕事が充実してきたのか、1週間があっという間に過ぎていく。

土曜日と日曜日の夜にあるNPOソーシャルカレッジと“河内ゼミ”のおかげで、曜日感覚を失いがち。

昨晩はひとり親家庭の支援に力を入れるNPOの代表を迎えクロストーク。
日曜日の夜にもかかわらず多くの学生たちが参加。みらいずの学生以外の参加も多く、意見が活発に交わされていた。学生たちにとって素晴らしい環境である。

終わってからは夜遅くまでスタッフたちと打ち合わせ。
これからも様々な講師をお招きしたい。(Blogを読んでくださっているNPOや福祉の代表の皆さま、もうすぐオファーが届くかと思いますので、NSCへのご参戦をよろしくお願い致します。)

オンライン授業の限界もあるが、様々なチャレンジをしていきたい。
各NPOや事業所をつなぎチームディスカッションなども行なってみたい。
コロナ禍が落ち着けば、合宿研修やスタディツアーも行ないたいと思っている。

有言実行。
あんなこともしたい、こんなこともしたいと発言しなければ何もはじまらない。
いま学生たちにできること。
行動を起こせ。

ヴィジョン

現場に行くといろいろなモノがよく見えるもので。ちょくちょく行かないといけないなあと思いつつ、現場に口を出し過ぎてもなあと思う代表のこの頃。

毎日は単調ではない。日々はいろいろな“コト”が起こるものである。
自分たちの前で“コト”が起こっていないのではなく、自分たちが“コト”に関心がないだけなのである。

いろいろな“コト”に関心を持たなければならない。そうしなければ自ら“コト”を起こすことが出来なくなってしまう。
“コト”に関心が無く、“コト”を起こせなくなると、毎日は単調になり、日々の目標を見失なうこととなる。

ヴィジョンを描かなければならない。
ヴィジョンがわからなければ、議論をしてヴィジョンをつくらなければならない。
ヴィジョンがあれば“コト”を起こしたくなるはずである。

人は変わることが出来る。
ひとりひとりが意識を変えれば、組織は変わることが出来る。組織が変われば社会を変えることが出来る。そう信じている。

変える変わるは我々次第。
信じるか信じないかはあなた方次第である。