幸福

9時の新幹線に乗り込み、博多駅から新八代駅。1時間弱とあっという間。
熊本で与えられたお題は前回と同じく「社会福祉サービスのインパクト評価〜災害に強い事業所づくり、人材育成につなげる」。

冒頭の挨拶でみらいずの“クレド”(アウトカム)を紹介。

み・らいず2がめざすのは
だれもが、自分らしく地域で暮らせる社会

関わるすべての人たちが
夢や目標を描いてチャレンジを重ね
自らの役割や居場所を見つけ
助け合いながら
笑顔になれる社会をめざします

質問の続き。

・今年もよろしくお願いします。人生、生活の中で1番幸せを感じるときはどんな時ですか。また、人生で1番大切だと思うことは何ですか?

→今年もよろしくお願い致します。
家族と過ごす時間も幸せですが、スタッフと何気ない時間を過ごしているときも幸せです。立ち上げた頃の大変だったこと、利用者さんとの関わりの中で、嬉しかったこと辛かったこと、これからの福祉やみらいずの未来図について、スタッフや学生たちの成長についての話etc。
こいつとやってよかったな、こいつらとやれてよかったなと思えるよう、仲間を信じること、裏切らないことが、人生において大切なことだと思っています。
 
・集中したい時間に、自分が調整してることはありますか(1人で部屋に閉じこもるなど)

→出張の時の移動時間を利用しています。
身動きの取れない飛行機、新幹線の中が、自分にとっては上質な時間です。(実際、この質問の回答も飛行機や新幹線の中で考えています)
夜眠りにつく瞬間、朝目覚めて昨日を振り返りながら書くBlogの時間。日常の中の時間を使って内観が出来るようになると、有効に時間が使えるようになりますよ。
 
・遊びの機会の提供について。遊ぶには、お金がかかるなと日々感じます。遊びたいときに遊ぶ選択ができるのは、お金があるからだなと…。貧困の子どもたちに遊ぶ機会、選択肢が増えるように、人を巻き込んでいきたいですが、河内さんならどう動きますか。

→世の中にはお金のためだけではなく、自分の特技や趣味を、子どもたちの活動に活かしたいと考えている人は少なくないと思っています。歌を歌う人、踊りを踊る人、絵を描く人、スポーツが得意な人etc。
未来をつくる子どもたちを育ていくためにも、子どもたちを守る大人のコミュニティをつくっていきましょう。

心がけ

福岡空港から博多へは電車で5分。なんて便利なコンパクトシティなのであろうか。
FACEtoFUKUSHIが開催する就職フェアの出展法人に向けたスタートアップセミナーに参加。
最後の5分を頂き代表として元気なご挨拶。
伝えたかったことのメモをどうぞ。

・もう一度、組織のミッション、ヴィジョンを見直して下さい。
・必ずペルソナの設定をして下さい。
・担当スタッフのプレゼンテーションを見直し、ロールプレイングを繰り返し行って下さい。
・九州一丸となり、福祉のやりがいを学生に発信していって下さい。
・一回で学生が採用出来るようになろうと思わず、3年ぐらいの期間をみて、何度も改善を繰り返し成長していって下さい。

質問の続き。

・久しぶりにがっつり働いて、仕事もまた楽しくなってきましたが、家族を持つのもいいものだなぁと思ってきました。
よい両立の方法、夫を納得させる魔法の言葉はないでしょうか。

→産休、育休明けご苦労様です。
仕事でもプライベートでも相手とのコミニケーションが大切だと思っています。今日の楽しかったこと、辛かったことをお互いに共有してみてはどうでしょうか。
納得してもらう前に理解してもらうことが大切です。理解→納得→行動。サイクルを間違えないよう、仕事でもプライベートでも丁寧なコミニケーションを心がけましょう。
 
・これからのフクシで今一番気になっていることは何ですか。

→あれもこれもと企てているように見られがちですが、特にはありません。
現場で起こっていること、声なき声、小さな声に耳を傾けることが出来るよう、常に自然体でいられるように心がけています。
ニーズに寄り添いながら、目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことには無理をせず、福祉の本質を見つめ続けるような代表になりたいと思います。
 
・スタッフ、学生とかかわるうえで、意識していることは何ですか。

→無駄な時間を過ごさせることの無いよう、気を付けています。
学生には福祉のイメージが変わるような、スタッフには仕事の上での不安が解消できるような、何かきっかけを掴んでもらえるような話が出来るよう、心がけています。

創意工夫

広島県福山市にて講演。
自分ひとりで話せないため副代表とセット。簡単に言うと副代表のかばん持ち係である。

帰りの新幹線までに時間が出来たため、2人で“広島風”お好み焼き(こう呼ばないと広島人と揉め事になるらしい)をつまんだ。

生粋の大阪人としては余り大きな声で言えないが、大阪のそばの入った“モダン焼き”より、広島焼き(やはりこの呼び方がしっくりくる)の方が好きである。

どっさりと入ったキャベツと甘いオタフクソース、パラパラと振りかけられたイカ天がコクを出し最高に旨い。
大阪のお好み焼き屋さんで食べることが出来ないのが難である。

質問の続き。

・制度、委託、助成、自主のバランスは今後どうしていくのか。河内さんがどのように考えているか教えてください。

→必要な事業だと思えば、まずはやってみるという姿勢を大切にしています。
経営者として事業バランスは重要だと考えています。目先の損得に流されないよう、流行に流されないよう、自分たちが目指すべき方向を見失わないよう、常に意識をして確認をしています。
小さな声に耳を傾ける。目の前にいる利用者を大切にしていきましょう。

・こちらが必要だと思ってやろうとしても支援につながらないことが多かったり…、となってくると必要とされる支援によりがちになってしまってきているなと感じています。サービスをつくって、それを必要だと感じてもらうにはどうしたら良いでしょうか。
経営のことを考えることも大事だと思っていますが、そうなると支援への意識が弱くなってしまったり、何のためにしているのかわからなくなりそうになります。心がけたらいいことがあれば教えていただきたいです。

→この支援のあり方が正解だと決め付けず、利用者に寄り添いながら、創意工夫をしていきましょう。理解してもらえるには時間がかかります。何度も何度も丁寧に丁寧にの姿勢が大切です。
疲れた時はひと息つきましょう。仕事の悩みは、仕事の中でしか解決できません。リフレッシュして心を落ち着かせ、また心新たに取り組んでいく。飛躍することなく一歩いっぽ前に進んでいきましょう。

姿勢

一年ほど経った御守りを返納するため住吉大社にお参り。
お正月と“えべっさん”で引くことが出来なかったおみくじをようやく引くことが出来た。

縁起の良い末広がりの八番を引いた。
見事に大吉。

仕事運も好調。
幸運の鍵は招き猫と書かれてあったので、住吉大社の末社「楠珺社」にて“招福猫”を授かってきた。
みらいずに関わる全ての人々に幸がありますように。

質問の続き。

・すぐに楽な方へ流れてしまいます。自分のその日の気分に流されないようにするためには、どうしたらよいでしょうか。

→スタッフは自分を映し出す鏡。代表として、スタッフの模範となるような行動が出来ているかを意識しています。
楽に仕事が出来ている、楽にお金が稼ぐことが出来ている。そう感じる時は自分自身の成長が止まっている時ではないでしょうか。成長するためには苦労が欠かせません。人より多くの汗がかけるよう、努力を積み上げていきましょう。
 
・いつもブログを読ませていただいています。いつも楽しませていただいています。毎年マラソンを走られていますが、何歳までか決めておられますか?また、仕事やマラソンなどのモチベーションはどのように保たれていますか。

→くだらないBlogを読んで頂きありがとうございます。
何歳まで走りましょうか。笑
自分が走ることで誰かの役が立てるのであれば、これからも走り続けたいと思います。
モチベーションで仕事が左右されることはありません。お母ちゃんのお墓参りにも行かせて頂き、常に心を整えています。
多くの人々、スタッフに支えられ、ここまでやってくることが出来ました。感謝を忘れず、結果に責任を持ち続けたいと思います。

p.s 今日は広島。明日は福岡。明後日は熊本。出張ロードが続きます。Blogの再開は2月3日の月曜日。良い週末をお過ごし下さいませ。

コミュニケーション

日曜日はお仕事で阪神尼崎駅。
終了後スタッフを引き連れ御食事。
意外にも、駅周辺は食べログ3.50以上の老舗の名店が多い。

お好み焼きもやっているディープな串かつ屋さん。
ラードで揚げた串かつが絶品。
尼崎でのお仕事帰りには是非とも。

質問の続き。

・いろんな人に支えていただき、今があること、そして仕事をさせていただいていると感じています。
最近、チームで働いていき、みんなが気持ちよく働くために何ができるのか考えるのですが、
・細めに一人ひとりに声をかけること(スタッフ、メンバー)
・一人ひとりの発信にすぐ返事すること
よりチーム力をアップするためにアドバイスを頂けませんか。よろしくお願いします。

→とても良い心がけですね。ありがとうございます。
会議だけで取るコミニケーションを辞めていきましょう。業務の隙間をみて立ち話をする。お昼に声をかけ一緒にランチを取る。きめ細やかなコミニケーションを意識していきましょう。
一緒になって考える。すぐに答えを出すのではなく、スタッフ一人ひとりに寄り添って一緒になって物事を考える癖を付けていきましょう。

・スタッフに活躍してもらうために、役割分担が必要だと思うのですが、チーム作りで意識されていることはありますか。

→走り出したくなるようなワクワクするようなチームづくりを心がけています。
ゴールを明確にする。このチームがどこに向かっているのか、何のために行動を起こしているのか、常に確認するようにしています。
適材適所を見出せるよう、スタッフとのたわいもない会話を大切にしています。

リーダー

関西NPO合宿が無事に終了。
研修所帰りに三田の駅の近くの“しし肉専門店”で猪肉を購入。
ロース100g1700円。国産の天然のしし肉って高級なのね。

店頭で売られていたぼたん鍋専用のお味噌も一緒に購入。阪神百貨店で鴨肉のつみれを買い足し、お家でぼたん鍋。
うまいやないかい。
煮込めば煮込むほど猪肉が柔らかくなり、臭みもなく脂身が絶品。冬はやはりジビエに限る。

質問の続き。

・リーダー意識を高めていきたいと思っていますが、リーダーの必要性やメリットが何となくわかる状態です。リーダーの必要性やメリット、存在意義について、河内さんから聞きたいです。

→リーダーはチームの進むべき方向を指し示す指針ではないでしょうか。
どのような結果になろうとも責任を持つ・取る。必ずやりとげる、最後まで諦めないという信念が必要です。
自分が出来ないことをスタッフに求めない・押し付けない。リーダーたるもの困難な試練ほど率先して取り組む。仲間に支えてもらえるようなリーダーを目指しましょう。
 
・お話ありがとうございました。仕事の姿勢、正していきたいです。
今年は気づいたこと、思ったことなどを発信するように心がけていましたが、それがチームのみんなに負担をかけたり雰囲気を悪くしてしまったこともあったように感じています。リーダーがいうこと、いわないこと、伝え方などはどのように気を付けていますか。

→気づいたこと、思ったことを発信することは良いことです。但し、一生懸命になり過ぎて、ひとりよがりになっていないか注意をしましょう。
スタッフの力を最大限に引き出せるよう、スタッフの良いところを見つめるよう心がけています。
伝えるときは、おもしろおかしく、自分自身が楽しくなるようにがモットーです。

未来図

合宿参加前に、運転免許証の違反者講習に行ってきた。
会場は大阪駅前第3ビルの一室。近くて便利やないかい。

違反者ばかり集められると極悪人のような気分になる。警察24時で見るような、パトカーとのカーチェイスもしていなければ、パトカーの中で押し問答になる飲酒運転をした訳でもない。
違反に軽いも重いもない。自分への戒めとして、真摯に捉えたいと思う。

質問の続き。

・コレクティブインパクトという考えを含めると、100人のチームというチーム作りもわくわくして考えられるといいなと思います。(雇わなくても成り立つチームなど)。何かもうイメージはありますか。

→まだイメージはありません。いつも心躍るような“みらいず”を描きたいと思っています。スタッフ自らが目標を定め、一人ひとりが走り出したくなるようなチーム。
未来の未来図を創造し、それらをかたちにしていくためにも議論を繰り返しましょう。
 
・河内さんの「チーム」の定義は何ですか?100人のチームは「みらいず」ですか。「みらいず2」と「みらいず3」の2つのチームで合わせて100人、10億はどうでしょうか。
コレチルのように、いくつかの団体と100人10億を目指す可能性はありますか。

→河内が考える“チーム”の定義は、ひとりでは抱えきれない課題を解決するために集まった仲間。目的や目標を共有し、互いに切磋琢磨して、協力しながら成長をしていく集団。
100人のチームはどんなかたちでも良いと思っています。我々の仕事のひとつは“つなぐ”ということ。人と人とをつないで新しい輪をつくっていきましょう。

成功のもと

阪神大震災を教訓に手持ちの防災避難グッズを見直してみた。

最近使わなくなったリュックサックになるスーツケースに、ペットボトルの水と携帯食のカロリーメイトを詰めた。
カバンのアクセサリーにと小さなマグライトを引っ掛け、携帯電話を充電するためのソーラーペーパーを装備。

中国で新型コロナウィルスが流行しているため、マスクも多めに詰め込んだ。
(その他、ウェットティッシュ、オムツ、生理用品etc)

ペーパーキャンパーのため、多くのアウトドアグッズを所有。
手のひらサイズの携帯用コンロ、ライター型のバーナー、頭に装着するヘッドライト、パッカブルの防寒着などもとりあえずスーツケースに収納。

備えあれば憂いなし。いま一度見直してみてはどうでしょうか。

質問の続き。

・失敗するのが怖いという気持ちが、心のどこかにあり、行動ができていないことがあります。どうしたら克服できるのでしょうか。

→誰しも失敗はしたくないものです。しかし、チャレンジに失敗は付きものです。失敗しようとも諦めることなく挑戦し続ける。
失敗を避けて安全な道を選ぶより、失敗を繰り返しながらも何度も改善を繰り返すこと。
失敗は成功の元。一歩いっぽ成長していきましょう。
 
大きな課題を解決するべきとのことでしたが、支援員である立場で意識のほかに解決に向けて必要なことがありますか。取り返しのつく失敗をたくさんしたいと思いました。
 
→良い心構えですね。自覚と責任を持ち続け、失敗をしても諦めることなく何度もやり直し、少しずつ成長していきましょう。
支援員として、いつでも利用者やその家族の立場に立って物事を考えることが大切です。
時には、リーダーや代表の立場に立ってみてはどうでしょうか。また違った視点で物事が見えるくるかもです。

p.s 今日から2泊3日でNPOの合宿に参加します。Blogの再開は月曜日。良い週末をお過ごし下さいませ。

自信

恐怖の人間ドック。
昨年はバリウムを飲み胃透視検査を受け、終わってから下剤を飲んでお着替えをしていると、まさかの漏れ太郎。

スタッフに無印良品の新品のおぱんつを持ってきてもらい事なきを得た。
今年はしっかりと出口を締めてお着替え。
毎年、嫌な“行事”であるが健康第一。代表たるもの体が資本である。

質問の続き。

・代表のお話を聞かせていただいて、“自信を持つ”ということに対しての意識が変わりました。自身を持つために、具体的にどのようなことをすればよいですか。

→自分自身の大切な何かを背負って生きていくことです。誰かに必要とされたくて、誰かに必要とされたとき、自覚と責任を持つこと。誰しもが自信はないものです。だからこそ自分が納得するまで努力を積み上げていくのです。
“好き”に苦労はない。大変なことも、不安なことも、受け入れて前に進みましょう。

・リーダーの訓話で、信念をもつという話で、自信がないとよく思ってたり行ってしまっているなと痛感しました。
今回の合宿で意識変えたいです。
質問:今年のみらいずの展望を教えてください。

→意識は変わりましたでしょうか。スタッフ一人ひとりの意識が変われば組織が変わる。組織が変われば社会は変わる。信じて行動を起こし続けていきましょう。
今年のみらいずの展望は、撒いた事業の種が芽を出し蕾をつけるということでしょうか。
自覚と責任を持ち、毎日丁寧に水を与えていきましょう。

伝える

“大きく成長した”スタッフが誕生日明けからダイエットに励むそうな。
河内式10日間3食玄米生活。
ひとりでのチャレンジは心細いであろうと思い、大阪マラソンから体重2kg、体脂肪率3%アップした代表も陰ながらお付き合い。

“8時間以内なら何を食べてもOKダイエット”では失敗をしたため、今回はプロテインダイエットに取り組む。
簡単。3食の内の1食をプロテインに置き換えるだけ。
まずは10日間。結果は乞うご期待。

新春合宿で30分間の代表“演説”を行ない、その後スタッフからの質問や感想を用紙で受け取った。
考えがまとまっていなかったり、的を射ていなかったりもすると思うが、現場の声に精いっぱいこたえたいと思う。

◼️他機関、他業種の方と関わる仕事が増えていきそうです。自己紹介(自分の夢や目指していることや思いなど)をお伝えするタイミングや、場面を作るのはどうすればよいでしょうか。リーダーはどのようにされている、もしくはどのようなことを心がけていらっしゃいますか。

→目上の方であればしっかりと話を聴きましょう。わからないことがあれば、恥ずかしがらずにきちんと質問すること。わからないにもかかわらず、うやむやにする方が恥ずかしいことです。
どんな立場であれ意見を求められることがあります。遠慮する必要はありません。みらいずの一員としてしっかり意見をしましょう。
そうしていればいつか自分の意見が出てくるようになります。
 
・自己紹介で自分の思いや考え、夢を伝えることが大切だと知ることができました。
この思いや考え、夢は、もちろん具体的のほうが良いと思うのですが、大まかなものでも伝えたほうが良いのでしょうか。

→思いや考え、夢は人それぞれです。大まかでも細かくてもどちらでもかまいません。大切なことは自分自身の考えや思いを人に伝えるということです。
あーなればいいこーなればいい、あーするこーする、あーしなければならないこーしなければならない。それらに共感してくれるからこそ人が集まってきてくれるのです。
秘めたる想いより溢れる想いを大切にしていきましょう。