リラックス

いきつけの美容室でクリスマスプレゼントを頂いた。
アロマキャンドル。
普段であれば「いつつかうねん!」と心の中で突っ込むところであるが今回は違う。
ナイスプレゼント。

お風呂場の電気を消しロウソクが灯す明かりを見つめながら40℃のお湯に10分以上浸かる。
リラックス効果が期待できるのだとか。
チャレンジ。

結果。
シャワーで体を洗う時には電気の明かりは必要。
濡れた手でライターを使いアロマキャンドルに火を灯すのはひと苦労。
ロウソク1つでは真っ暗。
怪しいお祈りのよう。
そして、40℃のお湯は寒い。

“出張”したままの自律神経を取り戻すため、飽くなき挑戦が続く。

2日連続京都でお仕事。
近くて遠い。

合宿、研修と続きインプットで頭はいっぱい。
自分なりに少し整理。
「言霊」。
霊的な意味合いはないので「言魂」。

言魂
〜声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた〜byWikipedia。

代表として現場のスタッフを鼓舞するため、例え心が痛もうとも“キツい”言葉を使用する。
吐いた言葉がありのまま己に返ってくる。
覚悟の上である。

現場で使う言葉を大切に選んでほしい。
安易な考えで造語をつくらない。
創発と思いつきは別ものである。
事業とは自分たちがイメージした以上のものにはならい。
そして自分たちが発した言葉のような事業になる。

もし課題を解決しようとつまずいた時、一方向から見ている言葉の視点を変えてみる。
その言葉が本当に正しい意味で伝えられているのかどうか。
言葉の大元の意味を知ることも重要。

「福祉」という言葉について再考してみたいと思う。

ニッポンイチ

疲労困ぱい。
合宿は疲れる。
物理的に睡眠時間が少ないという問題もあるが、短時間で頭をフル回転する。

普段の事務所や会議室では行なえない。
日常から離れスタッフと“寝食を共にする”。
夜な夜な時間を過ごし、実利的な話からも離れ、未来志向でミッションやヴィジョンを語り、意見をぶつけ合う。
もちろんアルコールの力も少し借りながら。

こうした取り組みを「オフサイトミィーティング」と呼ぶそうな。
我がみらいずは学生の頃からそれらを「ガッシュク」と呼ぶ。
未来をみつめ自分たちの“チカラ”の現実を知り涙を流すこともある。
それでも共に支えあい共に生きていく。

日本一の“みらいず”を目指して。
全ては未来の子どもたちのために。

合宿

理事会合宿。
我々は何を目指し、何をどのように変えるのか変わるのか。
変化することを恐れない。

長渕は叫ぶ。
「ウタヨ・ノコレ!」
みらいずは叫ぶ。
「フクシ・カワレ!」

体調管理

そうそう重要なことが抜けていた。

たーちゃんふりかけには減塩の塩昆布も味のアクセントとして入っております。
お試しあれ。

健康しばり。

自律神経を整えるためには入浴がかかせない。
TVの情報だが、半身浴にはダイエット効果はない。
そのままのお湯よりは入浴剤を入れ込んだ方が体の芯から温まるのだとか。
入浴温度は少し低めの38度から40度ぐらいが適温らしい。
40度以上であれば逆に筋肉が硬直するのだとか。

風邪のひきはじめにはもちろん葛根湯。
冷蔵庫には二日酔いにならないためのポカリスエット。
早朝空腹時に一気飲みをして腸まで届けるR-1。
そしてひきはじめてもないのに少しでも体調の変化に気付いた時に飲み込む葛根湯が常備。

うがいにはあまり効果がないそうな。
それよりは10分おきにお茶を飲んだ方が良いのだとか。
全てお試しあれ。

ふりかけ

新幹線に乗り込む前、少し早く駅に到着して本屋に駆け込む。
話題のコーナーなどを中心にお気に入りのタイトルの本を探す。

本屋では本を購入せずiPadの電子媒体で本を購入。
本屋が厳選した“イチ押し”だけを頂戴させて頂く。
本屋さんごめんなさい。

最近はまっていること。
Myふりかけ作り。
健康を維持するため朝食は不可欠。
人間ドックではオールA。
秘訣は毎日納豆。

さらなる健康を追求。
体にいいものを一度に摂取出来るようにとMyふりかけを開発。
ドライ納豆のふりかけをベースに、胡麻をトッピング。
いりごま、すりごま、くろごまetc。

更にきざみのりや糸カツオもプラス。
それらを玄米と梅干し1つと食べる。
完璧。

まあ前夜のアルコールをもう少し控えること出来れば文句なしなのだが。

立ち上げメンバー

東京に向かう新幹線。
同行するスタッフは明日も仕事があり東京に一泊するそうな。
代表はひとり寂しく日帰り。
たーちゃんの“嫌なこと”ベスト10入り。

明後日は立ち上げメンバーとの合宿。
久方ぶりでワクワクしている。
去っていくスタッフ、大切にしていた事業をなくし、お金も底をつき、紆余曲折のみらいず。

変わらないことは“人を幸せにする”ということ。

我々は変化することをおそれない。
社会の課題を解決するため日々努力し日々向上する。

毎日がいそがしく毎日がたいへん。
そんな毎日にやりがいある。
辛く悲しいことも多いが、その中にこそある幸せを感じる。
誰かの“小さな”幸せのために我々は行動する。

みらいの未来図のために我々は変化を続ける。
“恐怖”を恐れずこれからも冒険を続けていく。

目標達成シート

お昼に夜の街すすきのを歩き、ある法則に気がついた。
“俺は東京生まれHIP HOP育ち、悪そうな奴は大体友達”と唄う、大阪でいうところの“イキって”いる若ものたちは“大体”鞄を持っていない。
あるある。

飛行機の機内や新幹線の車内は“内観”が出来る。
最近はiPadでの映画鑑賞や本や雑誌の読み漁りなどを出来るだけ控えている。
携帯電話のメモ機能をフル活用して頭の中を整理。
もちろんこのBlogも振り返りのひとつ。

先日たまたまTVで見かけた北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手。
打って投げての二刀流で大活躍の日本プロ野球会の至宝。
その中で語られていた高校生の時につくられた
「目標達成シート」。

細かいことはわからないが、シートのマスの中心に目標を書き、その目標を達成するための項目を周りに8つ書き込んでいく。
その8つの項目をひとつずつに分け、またマスの中心に書き込み、更にその項目が達成するための要素を8つ書き込むというもの。

見様見真似でつくってみた。
制作時間1時間半。
シートのマスの中心に書き込んだ目標は、
「日本一のNPO」。

それを達成するための8つの項目は、
「スタッフ育成」、「マネージメント」、「課題設定」、「情報発信」、「支援スキル」、「事務局運営」、「ミッション・ヴィジョン」、「ブランディング」となった。

更にここから一つひとつを取り出し、マスの中心に書き込む。
そして更に8つの要素を絞り出した。

今日はここまで。
次回は理事会の合宿でブラッシュアップしたものを発表したいと思う。

未来図

昨晩は共同代表の両親の自宅に招かれディナー。
共同代表の愛息子の誕生日会。

久方ぶりに“友だち”の誕生日会に参加。
小学生以来。
孫が勢ぞろいしており賑やかな会。
北海道で幸せのお裾分けを頂いた。

もうすぐクリスマス。
“大阪のおっちゃん”もスタッフの子どもたちになにかしてあげたい。
1年前に購入して以来せっせと貯めていた豚の貯金箱。
潰してみた。

総額42219円。
それらに代表のポケットマネー7781円をプラス。
トータル50000円を大盤振る舞い。

その名も、
「親が演じている架空の人物のサンタクロースより、実在するみらいずのリーダーの方がやっぱりええよなぁ」企画。

未来のみらいずを背負うスタッフの子どもたちには企画書を書いてもらう。
プレゼントの上限額は5000円まで。
自分の将来に役立つものであればなんでもいい。
親の代筆は不可。

申し込み締め切りは20日。
プレゼントの郵送をもって合否の結果とする。
企画書の用紙は社内全体メール“all”で5日に配信予定。

それでは我が子どもたちよぐっどらっく。

観光客

北海道。
共同代表と合流する前に時間があったため小樽。
バスから降りてくる大量の外国人観光客。
紛れて一緒にお土産などの試食大会。
お腹いっぱい。特技である。

夜は半年間みらいずで研修を行なったスタッフも呼び出してもらいジンギスカン。
贅沢にもジンギスカンしゃぶしゃぶ。
これがほどよくひつじ臭く絶品。

2軒目は愛読書「るるぶ」に掲載されている観光客向けの居酒屋。
つっこ飯。
豪快なパフォーマンスと共に、贅沢にイクラを乗せる名物丼。
地元は行かないのであろうが大阪人としては一度は体験してみたい。
満足。

それでは。