舞台裏

“みらいず2 秋のオンライン文化祭”がダイジェスト版となってYouTubeで配信される。
感動を呼んだマラソン部の激走ぶりも、スピンオフ企画としてYouTube配信されることが決定。今から楽しみである。

マラソン中継の裏話。
どのようにして2人の激走ぶりを撮影していたのか。

先導車は我が家の電動付き自転車。
走行中カメラがブレないようにと、息子のチャイルドシートに“Osmo Mobile”を設置。
夜間走行のため1000ルーメンを誇るWAQのLEDランタンを設置してランナーを照らした。

撮影中“カメラクルー”が後ろを振り向いたりしないようにと、ハンドルに携帯ホルダーを設置して、スマートフォンで動画配信画面を確認。何から何まで手づくりで、他人に出来るだけ迷惑をかけないよう、試行錯誤しながら企画を進めたのであった。

いちばん大変だったのは、なんとか完走できたランナーの2人よりも、撮影終了後に住之江から西梅田のオフィスまで電動自転車で戻った撮影クルースタッフだったとか。

おつかれさん。

p.s 良い週末をお過ごしくださいませ。Blogの再開は月曜日。あしからず。