将軍

お気に入りの悪魔将軍のTシャツと御別れをした。
プリント部分が薄くなり、裾のあたりが少し伸びていた。

将軍とは2年間を共に過ごした。この間、上半身がビルドアップされたことにより、SサイズのTシャツでは腕まわりがピチピチになり、見苦しく限界に達していた。

もろもろの服をMサイズにサイズアップしたが、“チビ”のため丈が長く少しダサい。
個人的には非常に大きな問題なのだが、側からみればどうでもよい話である。

悪魔将軍のTシャツは入手困難で希少価値が高い。あちらこちらで見知らぬ人から声をかけられた。
「お兄さん!渋いTシャツを着ていますね!」
「悪魔将軍のTシャツめちゃくちゃ格好いいですね!」

もちろん全員が野朗。良い思い出。
キン肉マン好きに悪い人はいない。皆兄弟である。
将軍さようなら。ありがとう。