話題

質問が届いた。ペンネーム雑談力さんより。

“だれかと2人きりのとき、相当慣れた相手でないと、緊張してうまく話せません。
話したいことはたくさんあるはずなのに、その場では何を話せばいいかわからなくなってしまいます。自分と話していてつまらないと感じさせていないかも不安になってしまいます。
だれかと2人で話すときに心がけていることを教えていただきたいです。おもしろい人になりたいです。”

→誰とでもべらべらと喋っていますが、それでも2人きりで話すのは苦手ですよ。特に目を見て話すのが苦手です。おもしろい話をしなければならないと、妙なプレッシャーもかかりますもんね。

やはり何事も準備と練習ではないでしょうか。

最新の情報を取り入れるために“関西ウォーカー”を購読しています。大阪のローカルなネタを仕入れるために、“大阪ほんわかテレビ”を録画して、朝は“おはよう朝日”を見るように心がけています。

大阪ローカルフードをお勧めしてくれる“魔法のレストラン”もお勧め。土曜日の朝から放送されている“旅サラダ”も大好きです。

そして、TVで見ているだけで終わらせるのではなく、実際に行ってみること、買ってみること、試してみることが大切です。

昨年TVで紹介をされていた能登半島の輪島市の輪島塗りのお箸。
とても高価な物ですが、TVで見てあまりの美しさに一目惚れ。
実際に能登まで行き、輪島塗会館で夫婦箸を奮発して購入。更に輪島漆芸美術館で沈金箸色付け体験でMy箸を作成。

このような経験や体験が話題のひとつとなっていきます。

小さなことでも大丈夫。コンビニの新商品のお菓子を買って食べるだけでも話題のひとつになります。
この前は期間限定のカルビーのポテトチップスのコンソメトリプルパンチを買い占めて、スタッフと2人で品評会。
“濃いな”、“もっと濃いほうがええなあ”。くだらないことでも楽しくなっていきます。

どうでしょう。参考になりましたでしょうか。

最後に、
面白き事もなき世を面白く、すみなすものは心なりけり。
ありがとうございました。