心がけ

福岡空港から博多へは電車で5分。なんて便利なコンパクトシティなのであろうか。
FACEtoFUKUSHIが開催する就職フェアの出展法人に向けたスタートアップセミナーに参加。
最後の5分を頂き代表として元気なご挨拶。
伝えたかったことのメモをどうぞ。

・もう一度、組織のミッション、ヴィジョンを見直して下さい。
・必ずペルソナの設定をして下さい。
・担当スタッフのプレゼンテーションを見直し、ロールプレイングを繰り返し行って下さい。
・九州一丸となり、福祉のやりがいを学生に発信していって下さい。
・一回で学生が採用出来るようになろうと思わず、3年ぐらいの期間をみて、何度も改善を繰り返し成長していって下さい。

質問の続き。

・久しぶりにがっつり働いて、仕事もまた楽しくなってきましたが、家族を持つのもいいものだなぁと思ってきました。
よい両立の方法、夫を納得させる魔法の言葉はないでしょうか。

→産休、育休明けご苦労様です。
仕事でもプライベートでも相手とのコミニケーションが大切だと思っています。今日の楽しかったこと、辛かったことをお互いに共有してみてはどうでしょうか。
納得してもらう前に理解してもらうことが大切です。理解→納得→行動。サイクルを間違えないよう、仕事でもプライベートでも丁寧なコミニケーションを心がけましょう。
 
・これからのフクシで今一番気になっていることは何ですか。

→あれもこれもと企てているように見られがちですが、特にはありません。
現場で起こっていること、声なき声、小さな声に耳を傾けることが出来るよう、常に自然体でいられるように心がけています。
ニーズに寄り添いながら、目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことには無理をせず、福祉の本質を見つめ続けるような代表になりたいと思います。
 
・スタッフ、学生とかかわるうえで、意識していることは何ですか。

→無駄な時間を過ごさせることの無いよう、気を付けています。
学生には福祉のイメージが変わるような、スタッフには仕事の上での不安が解消できるような、何かきっかけを掴んでもらえるような話が出来るよう、心がけています。