未来図

合宿参加前に、運転免許証の違反者講習に行ってきた。
会場は大阪駅前第3ビルの一室。近くて便利やないかい。

違反者ばかり集められると極悪人のような気分になる。警察24時で見るような、パトカーとのカーチェイスもしていなければ、パトカーの中で押し問答になる飲酒運転をした訳でもない。
違反に軽いも重いもない。自分への戒めとして、真摯に捉えたいと思う。

質問の続き。

・コレクティブインパクトという考えを含めると、100人のチームというチーム作りもわくわくして考えられるといいなと思います。(雇わなくても成り立つチームなど)。何かもうイメージはありますか。

→まだイメージはありません。いつも心躍るような“みらいず”を描きたいと思っています。スタッフ自らが目標を定め、一人ひとりが走り出したくなるようなチーム。
未来の未来図を創造し、それらをかたちにしていくためにも議論を繰り返しましょう。
 
・河内さんの「チーム」の定義は何ですか?100人のチームは「みらいず」ですか。「みらいず2」と「みらいず3」の2つのチームで合わせて100人、10億はどうでしょうか。
コレチルのように、いくつかの団体と100人10億を目指す可能性はありますか。

→河内が考える“チーム”の定義は、ひとりでは抱えきれない課題を解決するために集まった仲間。目的や目標を共有し、互いに切磋琢磨して、協力しながら成長をしていく集団。
100人のチームはどんなかたちでも良いと思っています。我々の仕事のひとつは“つなぐ”ということ。人と人とをつないで新しい輪をつくっていきましょう。