伝える

“大きく成長した”スタッフが誕生日明けからダイエットに励むそうな。
河内式10日間3食玄米生活。
ひとりでのチャレンジは心細いであろうと思い、大阪マラソンから体重2kg、体脂肪率3%アップした代表も陰ながらお付き合い。

“8時間以内なら何を食べてもOKダイエット”では失敗をしたため、今回はプロテインダイエットに取り組む。
簡単。3食の内の1食をプロテインに置き換えるだけ。
まずは10日間。結果は乞うご期待。

新春合宿で30分間の代表“演説”を行ない、その後スタッフからの質問や感想を用紙で受け取った。
考えがまとまっていなかったり、的を射ていなかったりもすると思うが、現場の声に精いっぱいこたえたいと思う。

◼️他機関、他業種の方と関わる仕事が増えていきそうです。自己紹介(自分の夢や目指していることや思いなど)をお伝えするタイミングや、場面を作るのはどうすればよいでしょうか。リーダーはどのようにされている、もしくはどのようなことを心がけていらっしゃいますか。

→目上の方であればしっかりと話を聴きましょう。わからないことがあれば、恥ずかしがらずにきちんと質問すること。わからないにもかかわらず、うやむやにする方が恥ずかしいことです。
どんな立場であれ意見を求められることがあります。遠慮する必要はありません。みらいずの一員としてしっかり意見をしましょう。
そうしていればいつか自分の意見が出てくるようになります。
 
・自己紹介で自分の思いや考え、夢を伝えることが大切だと知ることができました。
この思いや考え、夢は、もちろん具体的のほうが良いと思うのですが、大まかなものでも伝えたほうが良いのでしょうか。

→思いや考え、夢は人それぞれです。大まかでも細かくてもどちらでもかまいません。大切なことは自分自身の考えや思いを人に伝えるということです。
あーなればいいこーなればいい、あーするこーする、あーしなければならないこーしなければならない。それらに共感してくれるからこそ人が集まってきてくれるのです。
秘めたる想いより溢れる想いを大切にしていきましょう。