おかん

連夜のお食事会。
一晩だけ空いたため、久方ぶりに実家。

おかんめし。
おかんめしとは、おかんが独自にアレンジを加えた料理のこと。
子ども頃からその料理が“ふつう”だと信じて食べているため、社会人になって外食で“ほんとう”の味を知って驚くという、めしのこと。

春巻き。
春巻きが大好物。外食で春巻きに出会えるのは大抵が中華料理。
春巻きを頼む度に、餡のようなものが入っており美味しくないと感じていた。

5回目ぐらいでようやく気付いた。
春巻きとはこういうものなんだと。
おかんの春巻きが変わっているのだと確信。
野菜嫌いの息子に野菜を食べさせるため、春巻きの皮で野菜炒めのようなもの巻いていたのである。

それを餃子のタレで食す。
激うま。
もうその味の春巻きしか食べられない体になっている。
恐るべしおかんめしである。