学生

伊丹空港に向かうリムジンバスの中。
早朝4時50分起き。
死にものぐるいで起床。

昨晩は大学の授業でスピーチをしてくれた学生たちとスタッフを引き連れ、お礼を兼ねたお食事会。
この10年を振り返ると、学生とはほとんど食事に行っていない。

特に理由はない。
あるとしたら、代表として学生の前で真面目に振る舞わないといけないから。
福祉の話を熱弁したいが、会話のほとんどはくだらない話で構成されている。
残念な代表なのである。

伝えたかったことは、
人と比べて人生を選ばないこと。
自分は何をやりたいのか。
人生をかけて成し遂げたいもの何なのか。
後で後悔をするぐらいなら、今をとことん悩めばいい。

人生は一回きり。
やりたくねえことやってる暇はねえ。