頭の中

日曜日はみらいず2020採用会社説明会第2期。
1期目とは違い参加学生が20名弱とこじんまり。

担当はオープニングの代表トーク。
前回は“みらいずの未来図”という題目。
同じ話ではテンションが上がらない。
急遽変更。
自分に課した題目は“俺の頭の中”。

何を話すのかを決めるのではなく、最近スタッフと話していた時に気になったことや、これから議論を繰り返さなければならないことを、あえてぶっちゃけてみた。

支援が届かない制度の狭間、学年や年齢が移り変わる制度と制度の狭間etc。
あちらこちらに話が飛んでしまうため、ファシリテーショングラフィック、タブレットを使ってのトークの可視化などをスタッフにお願い。

学生に関心や興味を持ってもらえたかは、わからない。
福利厚生や働き方も大切にしていきたいが、みらいずの存在意義は社会課題を解決することである。
これからも変わらず邁進していきたい。