か細く

今日は千葉県へ。伊丹空港に向かうリムジンバスの中。
7時30分のフライトに間に合わせるため、早朝5時に起床。
お腹も空いていないが、一応おにぎりを買って行こうとコンビニに立ち寄った。

早朝のコンビニに立ち寄るなら、前のマンション近くの所に行こうと機転を利かした。
そう、お気に入りのアルバイト男性。
やっぱり深夜早朝はいてるやん。

モゴモゴしていて何を言っているか聞き取りにくいけど、無精ひげが少し気になるけど、頑張っている姿が妙に嬉しくなるんだよね。

そしてまたやってしまった。
おにぎりとお茶を差し出す前に、こちらから「おはようございます。」と。
“か細い”声で「おはようございます。」と。
そして眼を見て最後に「ありがとう。」といつもの儀式。
そうすると、眼をみてくれて“か細い”声で「ありがとうございました」と。

これでいちにちはハッピーになる。
そして俺の心の中ではこんな曲が流れた。

「未来」

歌:コブクロ
作詞:小渕健太郎
作曲:小渕健太郎・黒田俊介
僕が夢を忘れそうな時 君の涙で思い出す
何の為に歩いてきたのか 何度でも教えてくれる
土手に垂れた 二度目の春を 連れて歩いた 片恋風
君といつか 同じ枝の上 並んで咲いてみたい

時々 切ない瞳で笑うのは
まだ 見せられない心があるんだね

こんなにか細く 折れそうな
枝の先にも 君の未来が生まれてる
未だ見ぬ日々を 切り落とさないで
今を笑って 振り返る 君を守りたい

君が 心折れそうな時 この肩にもたれてくれたら
抱えていた 大きな荷物も 大切に運ぶから

僕の明日には いつでも 君がいて
どんな迷いも鎮める 風になる

このまま好きでいれるのなら
想いは届けぬままでいいと
結ばれぬまま 解けもしない
心深くに 身を知る雨

こんなにか細く 折れそうな
枝の先にも 君の未来が生まれてる
未だ見ぬ日々を 切り落とさないで
今を笑って 振り返る 君を守りたい
心深くに 身を知る雨 抱きしめる
そばにいたいから
そばにいたいから