福祉祭

羽田空港。飛行機に乗り込んだ。
プレミアム会員のスタッフとともにハイクラスの人々が使用する専用保安検査場から通過。
ステイタス感が半端ない。

無事に「フクシゴト フェス!!」が終了。
200名を超える学生と、20の法人や団体が参加。
音楽やアート、パラリンピックスポーツやテクノロジーと、福祉の魅力を多方面から学生に伝えた。

担当は共同代表とのオープニング。
福祉の法人に入社してまもない新入社員たちとのトークセッション。
なぜ福祉の仕事を選び、どのように法人を探し、入社の決め手はなんだったのか、を中心に質問。

フェスを盛り上げようと、学生に合わせたファッションを取り入れた。
セットアップのジャケットのインナーにはカレッジ風のTシャツ。
Tシャツにプリントされた文字をよく見てみると、
「SUKIYANEN DE HANSHIN」。

アウェイの東京でも、しっかりと大阪魂をアピール。
誰からも突っ込まれることはなかったのだが。

そろそろ眠たくなってきた。
夜中の3時に備えて仮眠を取っておきたい。
今日は「サムライ ブルー」とカタカタで書かれたTシャツを身に纏う予定である。