守破離

自分の役割を明確にすること。
まずは組織のスタッフとして、与えられたことをあたりまえにこなす。
あたりまえのことがきちんとでき、それ以上のことができ始めると、なお良い。
「守破離」の考えである。

守ー教えを守り私意をさし挟むことなく、ひたすら基本を身につける段階(新入社員から5年目までのスタッフ)
破ー守の殻を破り躍進する時代。いままでの教えを基礎として、中核として個性を発揮して創造する時代(5年目以上のスタッフから15年目ぐらいまでのスタッフ)
離ーあらゆる修行の結果、我が思いのままに行動し、1つの形や流儀流派にとらわれることなく、自由に力を発揮できる時代(1つの組織を経営できてからと考える)

もちろん「守」が大切であり、いちばん難しいことでもある。
自分なりの考えを捨て、頭の中を空にして、あるがままの状態を素直に受け入れること。
それが成長の近道なのである。

そう言えば、西梅田のオフィスの近くにそういった名前のお蕎麦屋さんがある。
いろんなお店を食べ歩いてきたが、大阪でいちばん旨い。たぶん。
最近では“蕎麦前”を楽しんでいる。

とりあえずビール!を辞め、いきなり日本酒をからはじめる。
夏なら氷を入れてロックで飲んでもおもしろい。
蕎麦屋では板わさや鴨焼きを頼むと格好良いのであろうが、蕎麦屋の出汁を堪能するため出汁巻きがベスト。お店ごとに味が違う。
そして蕎麦屋の天麩羅は旨い。

最後はざるそばをひたすらすする。
脇目も振らず。5分以内に食べ終わること。
そして、そば湯とそば茶を堪能して心を落ち着かせる。
あかん。蕎麦が食いたくなってきた。
良い週末をお過ごし下さいませ。