結果

6月から月曜日のルーティンがはじまった。
愛車に乗り、事務所まで道のりを颯爽と走り抜け出勤。
愛車を置いて、阪急電車まで地下街の空調の効いた道を探しトコトコと歩く。

午前中は阪急夙川駅近くにあるエビス。
まずはスタッフ面談から。
組織での役割を確認して、現状の課題を把握。
改善できるところは、すぐに改善し、しかるべき会議が必要であれば、それをすぐに行ってもらう。
大切なのは、タスクを積み残さないことである。

午後からは阪急塚口駅付近にあるコレチル。
お昼を食べる時間がないので、ナッツをかじりながらミィーティング。
各種会議の整理。
新たな枠組みの議論を重ね、4年目以降の方向感のイメージを擦り合わせた。

全ての会議の時間は90分。
理由はそれ以上集中が出来ないから。

急いで西梅田に戻り夕方はF2Fの会議。
アウトカム、アウトプットの再設定。
それらを念頭に置き、KGI・KPIの設定。
少数精鋭のチーム。優先順位を見極め、あらゆる連携をして、結果を出す。
大切なことは、地域福祉の担い手をどのようにつくり、輩出し、活躍を続けてもらうのか。

どのチームも成果を出して、年末には祝杯をあげたいと思う。
全ては結果である。チーム一丸となれ。