4月〜5月上旬のわずか1カ月のみ発光しているホタルイカの海上観光を逃した代償は大きい。

気を取り直して2日目。
富山市内をスルーして、日本三大大仏の1つと言われている、高岡大仏のある高岡市へ。
お目当ては、鋳物メーカー「能作」の工場見学。

職人の製造工程を見学。
狙うは、錫で作られた酒器。
「錫にいれた水は腐らない」、「お酒の雑味が抜けて美味しくなる」と言われてきた錫。

実際、抗菌性・熱伝導が良く、イオン効果により、日本酒の口あたりをまろやかにしてくれるのだとか。
奮発して、片口と富士山を模ったぐい呑みの酒器を購入。
これで更に“ツウ”ぶることが出来る。

買い物を済ませ観光。
高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー。
更には、氷見市に移動をして、潮風ギャラリー藤子不二雄Aアートコレクション。
改めて、プロゴルファー猿と、エスパー魔美が大好きだった事を再認識。

夕方には能登の休暇村に移動。
休暇村に泊まれば貰えるメダルをゲット。
記念すべき5つ目。
残すは32箇所。道のりは遠い。

どうしても休暇村の“メダりん”を集めきりたい。
収集癖はいくつになっても変わらない。
野郎はグローンアップベイビーなのである。