北から南へ

最終日の夜はジンギスカン。
「義経」という老舗のお店。
義経=チンギス・ハン=ジンギスカンという、伝説を連想させるお店の名前である。

ジンギスカン750円。ラムしゃぶ900円とリーズナブル。
昔ながらの味付けジンギスカン。
ここぞとばかりにラムしゃぶも堪能。
〆はテッパンのラーメン。
羊の油が“しゅんで”おり絶品。

次の日。朝早くに空港到着。
朝ラーメン。
北海道の味噌ラーメンはポテンシャルが高い。
大阪では味わう事の出来ない味である。

大阪に戻りブランディング会議に参加。
パンフレットを作成中。
代表として巻頭に登場するみたいなのだが、いつみても写真うつりが、胡散臭い。
苦手なため仕方ないのだが。

夜は長野県飯田市から感環自然村の村長と、小さな奥さまが来阪。
ディナーはご規模通り、大阪ソウルフードの串かつ。
串かつ「だるま」北新地店。
モチモチの「近江屋」派のため、普段あまり入らないが、食べたらサクサクで旨い。

今日は早朝5時半起き。
久しぶりに沖縄に向かう。